*

少々やんちゃでもハートがピュアじゃないと続かない

公開日: : 2017/07/16 コラム

いま種が付いてしまうと真冬に産まれてしまうので、今月頭に3ヶ月間の種付け禁止となっていたタッキー。ようやく解禁となり狙いを定めているかのような後姿。

さて、移転まで2ヶ月ほどになりましたが現店舗は今年の2月で20年を過ぎてしまいました。あっという間の20年でしたが、それはもういろんなことがありました。ちなみに移転後(9/21グランドオープン)に現店舗は取り壊しになります。

O-157、BSE、口蹄疫、ユッケ問題からお金や人の問題など、何度も何度も危機はありましたが、まぁ、紙一重でしたね。おそらくいま最前線で活躍されているみなさんは、同じように危機的状況を乗り越えて現在があると思うのですが、楽勝なんてなかったですよね。やっぱり紙一重ですよ。新しい扉を開けるために邪魔くさいことをどれだけやってきたかだと思うのです。

そんななかで一番苦しんだのは、やっぱり人ですね。お金はがんばればなんとかなります。ベンツもフェラーリもチャンピオン牛もお金があれば買えます。しかし、人だけは心がありますからお金だけではどうにもならない面倒なものです。騙されたり裏切られたり、人間不信になりそうなこともありました。ただ、いろんな経験をして今だから言えることは、心がピュアじゃないと一緒にはやっていけないですね。頭が悪くても鈍臭くても少々やんちゃんでもいいんですが、心がピュアじゃないと続かないですね。

特に四六時中一緒じゃない生産者に関しては、人だけじゃなく家族であったり牛舎であったり、私はがっつり生産者に入り込んでしまうので、やっぱりピュアじゃないと長くは続かないんです。いくら素晴らしい牛を育てても、おいしい肉を作っても、嘘をついたりごまかしたり心が悪い人とは長続きしませんし私の気持ちも入りません。お客様に自信を持ってすすめられる肉は人次第なんです。

だからやっぱりモノではなく人が永遠の課題でありテーマなのです。いま、一緒に働いてくれているスタッフも牛を私に預けてくれている生産者も、そしてシェフのみなさんも本当に素晴らしい方達ばかりです。その道に命がけで取り組み、真面目で嘘偽りがなく、そういう人たちが周りにいるから私もがんばれるのです。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

生涯現役、肉屋しか知らない父親の勇断

うちの父は80歳だが先月まで母と2人で駅前商店街の一角で肉屋をやっていた。数年前からマンショ

記事を読む

先達から学ぶ仕事への向き合い方と姿勢

弥助の大将が握る寿司を食べたいがために金沢へ行ったことは1度や2度じゃありません。残念ながら

記事を読む

「適サシ肉」とは適度なサシの肉という意味で脱霜降りではないのです

産経新聞に私のコメントも掲載されていたので少しこの話題に触れたいと思います。 元ネタは

記事を読む

食の楽しみ方はまずは健康であること

国産の羊肉は絶対量が少なすぎてなかなか回ってこないのですが、今回は武藤さん(茶路めん羊牧場)

記事を読む

枝肉から捌く醍醐味こそ肉屋のおもしろさ

我々の業界で言うところの「捌き」とは、枝肉から大分割して、さらに中分割したロースやウデ、バラ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
セジールの予約に関しまして

太田さんのアマゾンカカオがすばらしすぎて、テリーヌ・ド・ショコ

フランス産のバザス牛にチャレンジ

フランスで食べる肉と日本で食べるフランス産の肉はまったくの別物

フランスからバスク種純血100%の黒豚が入荷してきました

フランスからバスク種純血100%の黒豚が入荷してきました。いま

→もっと見る