*

部位の特性に適した保存方法が肉をおいしくする

公開日: : 2015/10/02 牛肉の部位

IMG_9370

(写真は捌いたばかりの近江プレミアム牛。赤身が詰まった理想的な仕上がりです)

国産の飼料だけで牛を育てられないものかと取り組み続けて10年。ようやく納得のいく肉質に仕上がってきました。日本の畜産の大部分は輸入飼料に頼っているのが現状です。なので穀物価格の国際市場の変動に大きく影響を受けるのですが、かといって国内で飼料を100%自給できないのも現状なのです。

10年前、市場の変動に影響を受けない取り組みをしていかなければと、国産飼料100%での自給をはじめました。長い目でみればこの先、飼料だけでなく牛そのものが高騰する可能性もゼロではないわけで、だったら来たるべきその日に備えてやっていこうと、私たちの取り組みがはじまったのでした。良いのか悪いのか、いままさにその状況になっているわけでして、格付け関係なくここ2~3年の高相場は異常です。

穀物を与えない飼育は、がんばっても仕上がりがA2等級。しかも買い取り価格はA5等級と同等。周りから見ればバカです。和牛の世界でサシが入らない肉は二束三文で同業者からは鼻で笑われ、生産者はこれまた他の生産者から「ヘタクソ」と罵られる始末です。牛を大きくしてサシを入れてA5等級に仕上げてこそ「価値」が見いだせるのが和牛の世界です。しかし、私たちが求める「価値」は、牛を大きくしない、無理やりサシを入れない、そしてなによりも脂の質に重点を置いたのです。

無題

ときどきですが取り組みがメディアにも取りあげられました。だからといって注文が殺到するわけでも生活が楽になるわけでもなく(笑)… 注文が殺到しても困りますが、ただ、なによりも嬉しいのは、生産者と私とお使いいただいているシェフたちの三者が価値をしっかり共有できているという点です。だからこそ牛同様に私たちもストレスフリーでお付き合いできるのでです。

そしていま高騰を続ける業界内はパニック状態に陥っています。狂気のような高値がどこまで続くのだろうと先々を心配する声ばかりです。もちろん私も多少は危惧していますが、まずは目の前の肉がどうしたらおいしくなってくれるのか、枝肉からおいしさへの探求こそが肉屋の仕事なのです。

IMG_9376

枝肉からロースのみ切り取って、10日経過したものです。どんなに良い環境で育てても、サシが多い肉はたくさん食べられません。贔屓目にみてもサシは脂ですから、あさっさりとした食感のはずもないし、たくさん食べると胃が疲れてあたりまえです。それをどれだけ軽減しておいしく食べてもらえるかが課題であり、仕上げのタイミングであり、いやはや難しいのです。

IMG_9374

こちらは30日経過したロースです。サシの多い肉でしたがかなり食べやすくなりました。ドライエイジングではなく冷蔵庫に吊るしておいただけです。もちろんただ吊るしておいただけではなく、コツというかポイントのようなものはあります。

IMG_9372

こちらは、近江プレミアム牛のヒレです。写真はカイノミです。ヒレは変色が早いのでフレッシュな状態で商品化します。肉質も柔らかいので吊るしたり熟成させたりする必要もありません。

このように、部位の特性に応じた熟成方法がおいしさに直結しているのです。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

一頭からわずかしかとれない希少な部位

私たちの仕事は肉を捌くところからはじまります。ここでいう「捌く」とは枝肉から骨を抜く(外す)

記事を読む

一家に一本、骨付きサーロイン(笑)

肉好きのみなさんは急に肉が食べたくなるときってありますよね。そんなときに限って家に肉がない。

記事を読む

ソトヒラも焼き方次第でこんなにおいしくなるという一例

三軒茶屋のRestaurant 愛と胃袋では木下牧場の近江牛が食べられるのだが、部位を決め打

記事を読む

仕上げ方のことなる赤身肉3種

牛肉の仕入れで一番大事なのはなんだと思いますか? 僕は仕入れたあとの「管理・保存」だと思っ

記事を読む

ミンチは端材を利用するのではなく、骨から切り出したチマキ(スネ)を使っています

スネはミンチ材として骨付きで吊るして軽く水分を抜いています。水分が多いと変色が早く、特に冷蔵

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
5年ぶりのALL THAT GIBEEF

2015年11月12日、ロテスリーレカンにて「ジビーフ“やいこ“と愛農

育てる

サカエヤの採用は23歳まで。最低でも3年は働くことを条件にしています。

シェフの好みに合わせた牛肉

シェフとやり取りしながら肉を手当てしていくのですが、毎回悩みま

→もっと見る

  • 2020年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031