*

ジビーフを食べる会 in イルジョット

公開日: : 2015/07/11 イベント

10995373_1653764374852880_6283657034006143891_n

5月8日にお肉になってくれたジビーフ()ですが、じつは今年初めての出荷だったのです。ならば楽しみにしていてくれた方々と食べようということで、イルジョットで食べる会を開催することになったのでした。

O

スケジュールの関係で、開催日は2か月後。問題はそれまでジビーフが持ってくれるのか。つまり水分の多いジビーフを通常の冷蔵庫で2か月もおいておくと腐ってしまう可能性が高いのです。

案の定というか1か月を過ぎたあたりから嫌な変色が目立ち始めました。ここまでの保管方法は肉を保護するミートラッパーなるものを巻きつけていたのですが、思い切って外したところジビーフが元気を取り戻したかのように活性し始めたのです。

O

さて、イルジョットの高橋シェフがこの日使った部位は、リブロース、サーロイン、ウチヒラ、スネの4部位。

O
まずは、リブロースを低温でしゃぶしゃぶサラダ仕立てに。

O

モモ肉のジャーキーはこの後、ハーブバターをのせて登場。一緒に合わせた水茄子のマリネが秀逸でした。

O

モモ肉のメンチカツ風、卵の衣を敷いて、トリュフ添え

O

ウチヒラのステーキ&ジロール茸

O

11403390_733976543379709_6954812100520977296_n

サーロインの炭火焼き&近江八幡市大中の西瓜添え

11008505_10152927391042231_5615853023629203140_n

すね肉の冷製パスタ

O

ジビーフはかなり手強かったようです。それでも多彩なメニューを組んで頂き、ほんとうに感動する味わいの数々でした。

いままで出荷したジビーフをすべて扱ってこられた高橋シェフですが、今回のジビーフ“ハッサン”は、草の香りが弱く、しかし力強さを感じる肉質だったとコメントいただきました。

参加者みな一様においしいを連発し、笑顔あふれる楽しい会となりました。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

本日より2日間はきたやま南山で肉まみれ

昨夜は到着したばかりのイブマリとクラリス(呼び捨てはどうかと思ったのですがそう呼んでくれとい

記事を読む

高良シェフ(銀座レカン)×高橋シェフ(イルジョット)コラボ肉Meets

私が東京へ頻繁に出かけるきっかけとなったレストラン「イルジョット」。5年前だったか、6年前だった

記事を読む

牛肉の価値を再構築する

農研機構の近畿地域マッチングフォーラムと日本産肉研究会の第10回学術集会が 14日と15日

記事を読む

在京都フランス総領事館特別ディナー

在京都フランス総領事館にて、特別ディナーに出席してきました。ブロソー総領事のゲストとこの日の料理を担

記事を読む

食語りの会 in 愛と胃袋

以前よりすごく気になる人がいて、その人は着物の営業マンで全国飛び回っていて、87kgで食生活

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
脂の溶ける温度、融点が低いからサシ肉がたくさん食べられるということでもないと思うのです

先日のセリで購入した近江牛。いつもはA3狙いで枝肉を選定するの

熊本から馬肉が届きました。初めて知りましたが軽種馬というらしいです

あるシェフから馬肉が手に入らないかと言われて、それなら熊本でし

枝重390kg、20ヶ月齢で出荷の近江牛は僕好みですばらしい肉質だった

先日のセリで落札した近江牛。枝重390kgで20ヶ月齢での出荷

→もっと見る

  • 2017年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930