*

フェスティヴァンin京都で近江プレミアム牛が食べられる

O

やっぱりというか、レベルが違う。国産飼料だけで育てた近江牛(近江プレミアム牛)ですが、それだけで“こだわり”というには何か違うような気がします。もちろん、何年もかかって飼料を探してようやくたどり着いた飼育方法ですから、こだわってはいるのですが、それをウリにしたところで味が伴ってこそだと思うのです。

当初は、サシが入り過ぎたり、他の近江牛との違いが見いだせずにいたのですが、4頭目あたりからあきらかに違いを感じるようになってきたのです。ここ最近の近江プレミアム牛は肉から発するニオイ、焼いたときの香り、さらにテクスチャーにいたるまで、あきらかな違いを感じることができます。

木下牧場から年間10頭程度しか出荷されないのですが、評価の高い木下さんの牛のなかでも断トツなのです。あるシェフは、肉を触っていても違いがわかると言います。また、あるシェフは「今日のお肉は木下さんのプレミアムですねと、僕がなにもいわなくても側にいるスタッフがニオイでわかるみたいです」と通常では考えられないようなことを言います。

木下さんの牛たちは、近江牛の源流でもある但馬の血統です。小ぶりの牛たちにコザシと呼ばれるきめ細かなサシが入ります。血統由来のサシですから嫌味がなく、赤身主体でありながらサシがもたらすコクを感じることができます。舌先に酸を感じ、長く余韻が残る近江プレミアム牛は、改めて思うのです。やっぱりレベルが違うなぁ…と。

一般販売する機会が少ないのですが、6月28日に京都のみやこメッセで開催されるフェスティバンにて、お召し上がりいただくことができます。

11537806_882552368477117_1008012811784894964_n (1)

 

お召し上がりいただける店舗は、Le14e(ル キャトーズィエム)です。他にも祥瑞や楽記、ラ・ピヨッシュなどたくさんの飲食店が参加しています。自然なワインとともにぜひともお楽しみください。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食材と料理人との相性

近江プレミアム牛のロース(サーロイン側)です。23ケ月齢で出荷しました。和牛でこの月齢出荷は

記事を読む

肉Meets in ル・クロ・イグレック / Le Clos Y

2013年12月12日、ちょうど1年前になりますが大阪の有名フレンチ「ル・クロ」が本場パリに

記事を読む

土佐あかうし熟成肉の揚げ焼きのおいしさには驚いた

  「肉Meets in 高知スルラクセ」は満席にならないと思っていた。

記事を読む

藤井牧場さんの近江プレミアム牛お披露目会は5月20日です

昨日は社員研修で木下牧場さんへお邪魔しました。愛用のデジカメのシャッターを押したと同時に電池

記事を読む

牛肉の価値を再構築する

農研機構の近畿地域マッチングフォーラムと日本産肉研究会の第10回学術集会が 14日と15日

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年5月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031