*

フェスティヴァンin京都で近江プレミアム牛が食べられる

O

やっぱりというか、レベルが違う。国産飼料だけで育てた近江牛(近江プレミアム牛)ですが、それだけで“こだわり”というには何か違うような気がします。もちろん、何年もかかって飼料を探してようやくたどり着いた飼育方法ですから、こだわってはいるのですが、それをウリにしたところで味が伴ってこそだと思うのです。

当初は、サシが入り過ぎたり、他の近江牛との違いが見いだせずにいたのですが、4頭目あたりからあきらかに違いを感じるようになってきたのです。ここ最近の近江プレミアム牛は肉から発するニオイ、焼いたときの香り、さらにテクスチャーにいたるまで、あきらかな違いを感じることができます。

木下牧場から年間10頭程度しか出荷されないのですが、評価の高い木下さんの牛のなかでも断トツなのです。あるシェフは、肉を触っていても違いがわかると言います。また、あるシェフは「今日のお肉は木下さんのプレミアムですねと、僕がなにもいわなくても側にいるスタッフがニオイでわかるみたいです」と通常では考えられないようなことを言います。

木下さんの牛たちは、近江牛の源流でもある但馬の血統です。小ぶりの牛たちにコザシと呼ばれるきめ細かなサシが入ります。血統由来のサシですから嫌味がなく、赤身主体でありながらサシがもたらすコクを感じることができます。舌先に酸を感じ、長く余韻が残る近江プレミアム牛は、改めて思うのです。やっぱりレベルが違うなぁ…と。

一般販売する機会が少ないのですが、6月28日に京都のみやこメッセで開催されるフェスティバンにて、お召し上がりいただくことができます。

11537806_882552368477117_1008012811784894964_n (1)

 

お召し上がりいただける店舗は、Le14e(ル キャトーズィエム)です。他にも祥瑞や楽記、ラ・ピヨッシュなどたくさんの飲食店が参加しています。自然なワインとともにぜひともお楽しみください。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

近江プレミアム牛に福井の銘酒“梵”が給餌されます

もう初夏の季節ですが、福井の加藤吉平商店では1年中厳寒に冷却された酒蔵の内で、6月末まで無添

記事を読む

50歳から肉を意識的に食べて老化遅延

写真は近江プレミアム牛の腕肉からとった「クリ」と「ミスジ」だが、同じ部位なのにこうも食感が違

記事を読む

ファイアーフォール4000×愛農ナチュラルポーク火鍋会

先週になりますが五反田のファイアーフォール4000にて愛農ナチュラルポークの火鍋会が開催され

記事を読む

ジビーフを食べる会 in Le14e

昼夜2部制で開催されたジビーフを食べる会Le14eですが、昼の部は飲食関係者が多く、さながら

記事を読む

肉Meets in パリ

じつは 5月13日、パリ15区モンパルナスにある「Le CLos Y」(ル・クロ イグレック)

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年12月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031