*

ホワイトヴィールの内臓、販売スタートです

O

ホワイトヴィールが入荷してきました(

当初はレストラン向けにと考えていたのですが、何度も何度も自分で焼いては食べてをくり返し、一般販売を決定しました。とにかくうまい!ただそれだけなのですが、ホワイトヴィールを食べてしまうとちょっと他の肉には戻れないかな… そんなふうに誰もが感じてしまうと思うのです。もちろん戻れますよ。戻れますが口に入れた時のあまりのおいしさにそんなふうに感じてしまうのです。

エンドレスに食べられてしまうんじゃないかと思うほどあっさりとした食感です。すき焼きやしゃぶしゃぶは想像しにくいのでブロックのみの販売となります。本日入荷したばかりなので明日にでも骨を外して商品化したいと思っています。

その前に、内臓が先に入荷していましたので商品ページにアップしております。すでに売切れているものもありますが(告知もしていないのにすごい)、とにかくクリアな味に驚かれるはずです。150日間ミクルのみで育った仔牛ですから、とってもきれいな内臓なのです。

O

成牛のマメ(腎臓)は、焼きたてをパクッと口に入れないとどうしてもオシッコ臭が強くて私なんかは苦手なほうです。ところがホワイトヴィールのマメは無臭なのです。ナマでもいけるんじゃないかなと思うほど(笑)

O

ミノも同様に、成牛のミノは藁など食べたものが付着しているのですが、ホワイトヴィールのミノは一切そういったものがありません。ミルクオンリーなので当然なのですが、長年汚れた内臓を扱ってきた私としては感動ものなのです。

仔牛ですから1頭からとれる量はたかがしれてはいるのですが、せっかくなので今後も入荷次第、販売していく予定をしています。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

北海道産の仔牛入荷と北海道ELEZO社の10周年記念祝賀会

北海道オークリーフ牧場からホワイトヴィール(乳飲み仔牛)が届きました。今回はレストラ

記事を読む

オークリーフ牧場から乳飲み仔牛が入荷

北海道芽室のオークリーフ牧場から乳飲み仔牛(ホワイトヴィール)が届くのは2ヶ月に1回。本当は

記事を読む

ホワイトヴィールを食べる会は感動の連続だった

【ホワイトヴィールについて】 ヨーロッパなどでは、仔牛肉はVeal(ヴィール)と呼ばれ、一般の

記事を読む

オークリーフ牧場から乳飲み仔牛が入荷しました

ヨーロッパでは日常的に食されている仔牛肉ですが、日本では仔牛の文化がなく、需要もほとんどあり

記事を読む

オークリーフ牧場を訪ねて

帯広空港からまず最初に向かった先は、芽室のオークリーフ牧場です。ホルスタインと交雑種合わせて

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
今年最初の有機JAS認定牛 ジビーフ「あつし」入荷

先日食事に伺った某店の大将、御年72歳。たった一人で仕入れから

Bistrot Or en Boucheでナチュールな肉会

昨年末にオープンしたばかりの東京池尻にあるOr en Bouche(ア

スライス肉こそじつは難しく経験だけではどうにもならないこともある

すき焼きやしゃぶしゃぶ用の肉はスライサーで切るんですが、機械が

→もっと見る

  • 2019年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031