*

オークリーフ牧場から乳飲み仔牛が入荷

公開日: : 2016/03/03 ホワイトヴィール

IMG_0388

北海道芽室のオークリーフ牧場から乳飲み仔牛(ホワイトヴィール)が届くのは2ヶ月に1回。本当は毎月でも仕入れたいのですが当店の冷蔵庫事情で偶数月のみの入荷となります。ヨーロッパでは日常的に食されている仔牛ですが、日本では馴染みがなく食べる機会も少ないですね。

国内で流通している仔牛のほとんどがヨーロッパあたりからの輸入ものです。けっして輸入ものが悪いと言っているわけではないのですが、ヨーロッパで見かける仔牛とはかなりバラツキがあるように思います。

もともと私は仔牛には興味はなかったのですが、もちろん食べたことは何度もありますよ。でも、仔牛は味がないのでソースでなんとかしなければおいしくないというイメージでした。ところがオークリーフ牧場の仔牛は若干ですが肉の味を感じたのです。これは焼き方や調理法によってはヨーロッパで食べるものよりおいしいかもって思ったわけです。

写真はランプですが、塩を振るタイミングでかなりおいしくなってくれます。筋もとらずにそのまま焼いているので表面がキャラメル状にパリッと仕上がっています。

image

こちらは人気がない(笑)バラ肉を使ったローストハム。ワインがすすみます。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ホワイトヴィール(仔牛肉)の内臓が入荷

北海道芽室のオークリーフ牧場のホワイトヴィール(仔牛肉)の取り扱いをはじめました。畜産関係者

記事を読む

オークリーフ牧場から乳飲み仔牛が入荷しました

ヨーロッパでは日常的に食されている仔牛肉ですが、日本では仔牛の文化がなく、需要もほとんどあり

記事を読む

ミルキーな味わいでかなりヘルシーなホワイトヴィール

ホワイトヴィールを一般販売して欲しいとの要望がかなりありまして、昨日のわくわく定期便発送分に少し入れ

記事を読む

仔牛のヴァイスヴルスト、間もなく販売します

北海道芽室町のオークリーフ牧場を初めて訪れたのは3年、いや4年前?..ちょっと忘れましたが、

記事を読む

ホワイトヴィール販売開始しました

今年は「赤身肉」がメディアを中心にクローズアップされましたが、私のところにもいまなお取材依頼

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31