*

L’asse村山シェフのジビーフのネックを使った煮込み料理は驚きの味だった

IMG_0379

料理人のみなさんと様似の駒谷牧場を訪ねたのが昨年の6月でした。ジビーフたちが草を育む大自然を目の前にして西川奈緒子さんちのBBQハウスでみんなで料理を作り肉を焼くという、それはそれは贅沢な時間でした。

このときに一緒に参加してくださった1人がラッセの村山シェフでした。その村山シェフから電話がかかってきたのが数日前のことでした。「新保さん!ジビーフのネックめちゃくちゃおいしいですよ!!!」と、かなり興奮気味に。

普段からテンション高めの方なので興奮していたわけではないと思うのですが、じつは、ジビーフは焼きにこそ向いているものの、煮込みは不向きだと思っていました。というのも、ジビーフは草の香りが強いため、中華で香辛料をたっぷり使う料理以外はおいしくなってくれないのかなと思っていたのです。だからいままでスネやネックなどはソーセージなどの加工品にしていたのです。

ところがですよ、数人のシェフから煮込んでもおいしいということを聞き、それでも半信半疑だったのですが、メゼババの高山シェフの煮込み料理を食べてから私のジビーフに対する概念が180度変わってしまったのです。そのときの料理がこちらです。度肝を抜かれるとはこのことです。

IMG_0337

グーラッシュとポタージュみたいなのがポレンタコンチャです。メゼババでこの煮込み料理を食べた時に一緒だったのがラッセの村山シェフでした。高山シェフはイタリアの北部、村山シェフは南部で修行したのですが、同じイタリアでも作る料理は若干違うそうです。

数日後、村山シェフと電話で話していて、ジビーフのネックがもう1つあることを伝えると送ってほしいということで、「新保さん!ジビーフのネックめちゃくちゃおいしいですよ!!!」につながるわけです。そして「送りますから水で伸ばして温めて食べてみてください」とタッパに入って翌日送られてきたのです。

いやぁー、驚きました!おいしくて。感動したとかではなくて、まず驚きました。ただ煮込んで調理しただけではなく、ジビーフが見えるんです。

昨年の6月にジビーフに会いにいったとき、こんなことがありました。冒頭にも書きましたが、西川奈緒子さんちのBBQハウスで肉を焼き、みんなで食べていたとき、バードランドの和田さんが、「外で食べてみなさいよ。空気と一緒に食べると草の香りがするから」と言って手招きするわけです。どこで食べても一緒でしょうと思いながらも和田さんの隣でモグモグやると、本当に草の香りがするのです。自然を食べているとでもいうのでしょうか、あきらかに味が変化したのです。さすが和田さん(笑)

村山シェフから送られてきたネックの煮込み料理を食べたとき、このときの「匂い」を思い出したのです。おそらくジビーフを表現した一皿に仕上げてくれたのだと思いますが、目を閉じるとジビーフたちがそこにいるのです。

ダル・ペスカトーレで修行していたときにブルーナおばちゃんから教わった料理だそうですが、微かに草の香りがする驚きの料理でした。

IMG_0378

IMG_0381

IMG_0376
ジビーフは、焼きこそ本領を発揮してくれると思っていましたが、煮込んでもおいしいことを実感させていただきました。次回の入荷は3月3日です。すでに予約で完売していますがこれからも生産者ともども命がけでこの牛たちに関わっていきたいと思っています。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2回目となる京丹後魚政とのコラボ会

赤身が強くて肉に包丁を入れると血が混ざった水分が溢れ出る。肉はふにゃふにゃで締まりがない。お

記事を読む

宮崎の岡崎さんがパイン粕を食べさせて育てている経産牛がとんでもなくおいしくなりました。

2年前だったか、知人の紹介で宮崎の岡崎芳次さん(宮崎県の岡崎牧場)にお会いしたのですが、イベ

記事を読む

異なるサーロイン3種の仕上げ方

今朝のテレビで天然砥石を採掘して包丁の用途に応じて仕上げていく方が紹介されていましたが、僕が

記事を読む

ジビーフ、愛農ナチュラルポーク販売しています

今回入荷のジビーフから有機JAS認定牛となります。認定されたから何かが変わるということなく、

記事を読む

枝重390kg、20ヶ月齢で出荷の近江牛は僕好みですばらしい肉質だった

先日のセリで落札した近江牛。枝重390kgで20ヶ月齢での出荷は畜産関係者ならお分かりだと思

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年2月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28