*

ホワイトヴィール販売開始しました

O

今年は「赤身肉」がメディアを中心にクローズアップされましたが、私のところにもいまなお取材依頼が後を絶ちません。昨日再放送された「ルソンの壺」をご覧いただいた方からの問い合わせもひっきりなしで、ドあつかましい営業の電話までじゃんじゃんかかってくる始末。ただしゃべりたいだけのおじさんや「感動したわー、よかったわー」とご丁寧に感想を電話してくるおばさままで反響が大きかったようです。

ブームはいずれ落ち着くのが常ですが、牛肉は赤身と霜降りしかないわけで、要は消費者による好みの棲み分けが色濃くなってきているだけだと思うのです。たしかに年々霜降り肉から遠ざかり食べるなら赤身肉という方が増えているのは事実です。しかし、霜降り肉が好みの方もまだまだ大勢いらっしゃいますし、海外への輸出も多く展開していますし、おそらく3~4年後の和牛ビジネスは海外マーケットを中心に動くんじゃないかと予想されます。

さて、霜降り肉、赤身肉、そして赤身肉から派生して熟成肉が牛肉の構図ですが、これらとはまったくの別物が「ホワイトヴィール」と呼ばれる乳のみ仔牛の肉です。最初食べた時は衝撃でした。もちろん過去にホワイトヴィールを食べたことはありますよ。しかしどれも輸入のものばかりでした。

ヨーロッパなどでは、仔牛肉はVeal(ヴィール)と呼ばれ、一般の牛肉(beef)とは明確に区別されおり高級食材として扱われています。さすがにおいしかった記憶が鮮明に残っているのですが、北海道オーフリーク牧場のホワイトヴィールはこれらの仔牛ともまた別物なのです。

ホワイトヴィールは一般の牛に与える飼料は食べずに、オークリーフ牧場では抗生物質無添加のミルクだけを与えています。飼育期間は150日~170日で、その肉質はやわらかくて脂肪が少なく、肉自体は淡いピンク色です。 豚肉や羊肉と見間違うほどで、味はかなり淡白です。食べても食べても、いくらでも食べられるといった感じです。ホワイトヴィールの味を知ってしまうと成牛には戻れないなぁ、というのが正直な感想です。もちろん、しばらくたてば成牛に戻るのですが(笑)… それほど衝撃的だと言うことです。

日本国内でも一部ホワイトヴィールは販売しているようですが、ほとんどが事故により早く屠畜しなければいけなかったりと、なんらかの理由があるのです。私が知っている限りでは、国内では、唯一北海道芽室町のオークリーフ牧場のみが生産、出荷しています。

内臓に続き本日よりサイトでも販売を開始しましたが、いきなり売り切れも出てしまい反応の早さにビックリです。本来なら生の状態でお届けしたいのですが、足が早いのでいつまでも置いておくわけにはいかないのです。ささっと骨を外して切り分けたあとは冷凍保存することが肉にとってもベストな判断だと感じました。

とにかく、ヨーロッパあたりのホワイトヴィールを気にいっている方、一度食べてみてください。かなり衝撃ですよ(

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

近江プレミアム牛にジビーフに愛農ナチュラルポークなどなど

ジビーフ『やい子』の枝肉を吊るして30日が経過しました。かなり水分が多いので乾燥させながら水

記事を読む

北海道産の仔牛入荷と北海道ELEZO社の10周年記念祝賀会

北海道オークリーフ牧場からホワイトヴィール(乳飲み仔牛)が届きました。今回はレストラ

記事を読む

ミルキーな味わいでかなりヘルシーなホワイトヴィール

ホワイトヴィールを一般販売して欲しいとの要望がかなりありまして、昨日のわくわく定期便発送分に少し入れ

記事を読む

ホワイトヴィール一頭まるごと食べ尽くす会 in イルジョット

なにが驚いたってこれですよこれ! オークリーフ牧場のホワイトヴィール(乳飲み仔牛)のレバー

記事を読む

オークリーフ牧場のホワイトヴィール入荷

前々から仔牛の肉に興味があったのですが、フランス産やオーストラリア産などの外国産には興味がなく手

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年12月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031