*

しゃべり疲れた後はサルティンボッカでジビーフ

公開日: : 2014/10/26 イベント

10377615_762277783837910_3126868999365759059_n

猿払の放牧酪農家小泉さん、様似の西川さん、近江の木下さんなどなど、牛飼いのみなさんと楽しい仲間たちがサルティンボッカに集合しました。目的は西川さんのジビーフを食べるために。グラス臭とドリップを散らすために水分を飛ばすこと1ヵ月… 成果ありでかなりおいしくなっていました。

この日の午前中と午後は京都大学大学院農学研究科において「畜産システム研究会第28回大会」が開催されました。シンポジウムテーマは、「これからの牛肉生産、TPPを見据えて」という私にとってはあまり意識していないタイトルでした。

午後の部ラストが私の講演だったのですが、先生方の講演内容が難しすぎて私には理解に苦しむことばかりでした。研究者の集まりですからそれでいいのでしょうが、データばかりの羅列で、現場との隔たりを強く感じました。

裏付けをとったうえでお話しされていると思うのですが、一番難しいのはマーケティングであり、売る力だということを分かっていないんじゃないかなと… 生意気ながら感じた次第です。

私の講演内容は、「エビデンス:法律用語で証拠」なおいしさについて実体験を元にお話しさせていただきました。

さて、北海道の生産者の方とご縁ができたおかげで、入手困難な肉が入荷してくるようになりました。ホワイトヴィールや羊など、かなり希少なものばかりです。間もなく一般販売も開始しますので商品がアップでき次第ご案内させていただきます。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

宮川順子先生の出版記念パーティは美味しさと笑顔が溢れまくりでした

火曜日は宮川順子先生の出版記念お祝い会に出席のため新宿のクリナップへ。あまり本を読まない私で

記事を読む

新生セジール令和2年初イベントはナチュールワインのディオニーさんと

昨年の11月に溝口シェフを迎えて第2章をスタートした新生セジール。新年最初のイベントはディオ

記事を読む

特殊能力

「20年前の三級品が今の一級品というくらい違う。昔は、築地にはいいまぐろがいくらでもあって、好きなの

記事を読む

料理マスターズブロンズ賞受賞のロレオール伊藤シェフが短角牛の熟成肉を料理する

農林水産省「料理マスターズ」ブロンズ賞の受賞者が発表された。 昨年が第一回目で、アルケッチャーノの

記事を読む

シチロウの骨付熟成肉の公開脱骨作業

シチロウのリブロース断面、放牧で草を主食にしてだけあって赤身が強い。[/caption] シ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年4月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930