*

肉Meets in 大分 × イタリア食堂タッカ whth 九州食肉学問所

公開日: : 2014/06/14 イベント

IMG_6069

東京や大阪など大都市で肉Meetsを開催するのは、大きな意義があるのですが、地方でやる地道な肉Meetsも私的にはすごく意義を感じています。都会のシェフに負けないくらいの素晴らしいシェフが埋もれていますし、活躍とチャレンジの場を僭越ながら用意させていただければと思っています。

飲食関連の雑誌で取り上げられている料理人はどうしても名のあるシェフばかり。どの雑誌をみても常連さんが多い。別にそれがどうしたというものでもないのですが、もっと地方にも光をあててほしいと思ったりします。あまりにもライターの好みが色濃く出ている記事や有名な料理人ばかりの登場回数が多いと飽きますね。

さて、今回はなぜ大分なのか。ということですが以前より情報モラルセミナーでお世話になっているハイパーネットワーク研究所さんとのご縁もあって、いつか大分で肉Meetsやりたいですね、、、という流れなのです。

ただ、店選びは土地勘のない私には厳しいので、知人の九州食肉学問所の山崎学長に協力をお願いしたのです。できれば地元愛たっぷりのシェフがいいということでタッカの吉川シェフにお願いすることになったのです。

今回の目玉は、山崎学長がもっているブランド牛「九州南蛮渡来牛」を預かり私がドライエージングするというコラボです。さてどうなるのかと心配したのですが、結果はほぼ完璧じゃないかと思うくらい見事な仕上がりをみせてくれました。通常40日のエージングをするのですが、今回は時間的に余裕がなくて30日とやや短め。それでもすばらしい香りを纏って仕上がりました。

10177217_690046821061007_6304153000583194627_n

昼の部と夜の部の2回戦ということで、いよいよはじまりました。

IMG_6013

DABモモのカルパッチョとブレザオラ

IMG_6016

愛農ナチュラルポークのテリーヌとモモハム

IMG_6047

愛農ナチュラルポークのサルシッチャとロースの低温焼き

IMG_6021

コンソメスープ

 

IMG_60525

 メインのDABは、九州南蛮渡来牛のロースです。
焼き始めると、店内にはなんともいえない甘い香りが漂いはじめました。
昼夜参加の方々も、同じメニューなのに大満足のすばらしい料理の数々でした。

次回の九州@肉Meetsは、9月30日(火)に小倉のル・ルビーさんで開催が決定しています。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オフラインサミット2013が6月8日、9日の2日間ラフォーレ琵琶湖で開催されます

湖南農業高校の生徒が作ったジャム[/caption] 店舗から車で10分くらい走ったところに

記事を読む

肉Meets in Collaboration×6

「プロのためのフードツーリズムツアー」は、感動と感謝の旅だったのですが私的にはジビーフの里が

記事を読む

【第2回肉Meets】みずほキャビアはマイルドなおいしさだった

島根県邑南町の豊かな町でチョウザメ養殖。本来の味にこだわった極上のフレッシュ・キャビア[/capt

記事を読む

肉Meets in 藤井牧場の近江プレミアム牛を食べる会×左嵜啓史with笛吹利明LIVE

23回目を迎える肉Meetsは、きたやま南山はなれで開催されました。初の2部構成で1部はシン

記事を読む

Restaurant 愛と胃袋、旅立ちの宴は素敵な料理と笑顔溢れる会となりました

三軒茶屋のRestaurant 愛と胃袋は8月23日をもって営業を終了いたします。次のステー

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
no image
7月27日発売の書籍の予約がはじまりました

昨日あとがき書いたばかりですが、7月27日発売の書籍の予約がはじまりま

温度コントロールによる肉の温かさ

レオナルド・ダ・ヴィンチは馬の彫刻を作るために、何頭もの馬を解

マッキー牧元&新保吉伸のブリアンツァ会

携帯電話も繋がらない。野生の王国に人間が住まわせてもらっている

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30