*

ラフィナージュ×鎮守の森

ジビーフ「なおみ」2004年生まれの15歳。13産した経産牛ともなれば一般的には商品としての価値はない。しかもアンガス牛ともなればなおさらだ。個体は小さく脂は黄色い。

ラフィナージュ×鎮守の森

竹口さんが選ぶ日本酒にはジビーフが合うんじゃないかな(高良シェフ)、間違ってもサシの多いロースではない。もちろん竹口さんならロースでも合わせてくるだろうが、1+1=3にはならない気がする。僕は迷わず「なおみ」を選んだ。

この日のカウンターは気心知れた嫌なメンバーだった。嫌というのはキライという意味ではなく、いわば食の強者たち。しかもビーフの酸いも甘いも知っているという面々。

いやぁー難しい、難しい、始まる前に高良シェフが連発した。しかし、なんとも楽しそうな顔をしている。こういうときの高良シェフの料理はいつも驚かされる。

「なおみ」のヒレは思いのほか小さかった。試食すらできないほど小さかったので端っこを味見した程度だという。「なおみ」の肉は先日の肉塾北海道ツアーで、シンタマを熟成させたものを奈緒子さんちで食べた。なので脳はそのときのイメージのままだ。

さて、、

「なおみ」のヒレは僕の想像を超えていた。部位を言わなければヒレだと当てる人はいないだろう。僕も間違うかも知れない。味わったことのない食感に驚いた。個体のポテンシャルを引き出すとか、そんなレベルの話じゃない。いままで食べたジビーフのなかで間違いなく、、いや、今回も高良シェフに欺かれた。

そして竹口さんが合わせた酒は、「なおみ」と同じ生まれ年の龍勢だった。

もし、牛肉が苦手とか、食べれないのを年齢のせいにしている人がいるなら、ラフィナージュでジビーフを食べてほしい。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食農連携のあり方について語り合うランチ交流+農家見学 in 舞鶴

平かしわを捌くお母さんたち。 舞鶴で本格フレンチを味わいながら、食農連携のあり

記事を読む

ジビーフ入荷…今回も安定の格付けC1です

ジビーフが入荷してきました。安定のC1です。脂がないのでふにゃふにゃです。現地の問屋さんに加

記事を読む

正々堂々としたタルタルを堪能する

きっかけはなんだったのか、、いくら考えても思い出せない。僕からアプローチすることはないので、

記事を読む

日仏ブッチャーシェフウデ試し交流会はシャレのようなネーミングとは裏腹に今後の畜産業界を担う若者を熱くするプログラムでした

パリの肉職人「イブ=マリ・ル=ブルドネック」と私の関係は、「同業者」ではなく「共感者」といっ

記事を読む

「肉を焼く」って何?(奥深き肉焼き)

僕が2歳のときに出版された「牛肉の本」(←タイトル)にこんなことが書かれています。「肉の価値

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変

肉は技術ではなく心で切る

技術は教えられても肝心なのは心だと思うのです。イズムとか流儀と

no image
チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料

→もっと見る

  • 2021年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31