*

湯河原の冨士屋旅館で鹿と猪と近江牛

公開日: : 2019/03/22 イベント

ある日のこと、際コーポレーションの中島社長から電話がかかってきた。湯河原の富士屋旅館で宿泊付きの料理会をやりたいんだけど鹿と猪を熟成してくれないかといった内容だった。鹿は熟成には向かない。断ってもよかったのだが前々から少しだけ興味があったのでやることにした。こんな言い方をするとなんかえらそうだけど、これがめちゃくちゃ大変だったのでちょっとぐらいえらそうでもいいかなと(笑)

明治9年創業の老舗・富士屋旅館が際コーポレーション中島武社長の手によって再生された。中島さんらしくてカッコいい。富士屋旅館はもともと江戸時代の創業だが、17年前に廃業。それをなんとか再生し、地域を活性化させようと中島さんが手を挙げたのだ。

長野のまたぎ五味さんから送られてきたのは鹿と猪。正確には送られてきたのではなくトラックで運んできたのだ。正直、これは難儀だと後悔した。毎日鹿と猪にかかりっきりで他の仕事が手につかない。手当ての方法は複雑なので書ききれませんが、牛と違って異種格闘技戦ぐらい異なる。万が一の保険で数日前に仕留めた鹿も用意され、食べ比べすることになったのだが違いがよく分かっておもしろかった。好き好きはあるとは思うのだが熟成させた鹿肉が秀逸だった。

小田原港で揚がった金目鯛や鯵などの地魚、筍や天豆などの季節の野菜、鰻の土鍋ごはんまで。中島さんならではのこれでもかと言う献立。さらに近江牛リブロースの手切りすき焼きも・・・

とにかく凄かった、、、鹿の熟成はこれが最初で最後。もうやりたくない(笑)

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

本日より2日間はきたやま南山で肉まみれ

昨夜は到着したばかりのイブマリとクラリス(呼び捨てはどうかと思ったのですがそう呼んでくれとい

記事を読む

料理は数字じゃなく作り手の心意気だと思うのですが。

サルティンボッカの木村シェフに、「最近肉の回転が速すぎじゃないですか?」とお聞きしたところ、

記事を読む

生産者や料理人が集まったとんでもないBBQ

料理人ばかりでBBQしたいよね、どこでします?木下牧場でやりますか?いいですねー Le

記事を読む

2015年最後の肉Meetsはイルジョット高橋シェフとクレメンティア田淵シェフのイタリアンコラボ

ジビーフのLボーンは凄まじくおいしかったのでした。高橋シェフの火入れは炭と網の距離が近い独自

記事を読む

宮川順子先生の出版記念パーティは美味しさと笑顔が溢れまくりでした

火曜日は宮川順子先生の出版記念お祝い会に出席のため新宿のクリナップへ。あまり本を読まない私で

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年3月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031