*

湯河原の冨士屋旅館で鹿と猪と近江牛

公開日: : 2019/03/22 イベント

ある日のこと、際コーポレーションの中島社長から電話がかかってきた。湯河原の富士屋旅館で宿泊付きの料理会をやりたいんだけど鹿と猪を熟成してくれないかといった内容だった。鹿は熟成には向かない。断ってもよかったのだが前々から少しだけ興味があったのでやることにした。こんな言い方をするとなんかえらそうだけど、これがめちゃくちゃ大変だったのでちょっとぐらいえらそうでもいいかなと(笑)

明治9年創業の老舗・富士屋旅館が際コーポレーション中島武社長の手によって再生された。中島さんらしくてカッコいい。富士屋旅館はもともと江戸時代の創業だが、17年前に廃業。それをなんとか再生し、地域を活性化させようと中島さんが手を挙げたのだ。

長野のまたぎ五味さんから送られてきたのは鹿と猪。正確には送られてきたのではなくトラックで運んできたのだ。正直、これは難儀だと後悔した。毎日鹿と猪にかかりっきりで他の仕事が手につかない。手当ての方法は複雑なので書ききれませんが、牛と違って異種格闘技戦ぐらい異なる。万が一の保険で数日前に仕留めた鹿も用意され、食べ比べすることになったのだが違いがよく分かっておもしろかった。好き好きはあるとは思うのだが熟成させた鹿肉が秀逸だった。

小田原港で揚がった金目鯛や鯵などの地魚、筍や天豆などの季節の野菜、鰻の土鍋ごはんまで。中島さんならではのこれでもかと言う献立。さらに近江牛リブロースの手切りすき焼きも・・・

とにかく凄かった、、、鹿の熟成はこれが最初で最後。もうやりたくない(笑)

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

都心の若者と農業生産者をつなぐ「こだわりの食材バル」

昨年開催されたイベントですが、都心の若者と農業生産者をつなぐ「こだわりの食材バル」が有楽町と

記事を読む

Restaurant 愛と胃袋、旅立ちの宴は素敵な料理と笑顔溢れる会となりました

三軒茶屋のRestaurant 愛と胃袋は8月23日をもって営業を終了いたします。次のステー

記事を読む

東海大学 草原あか牛”eco-beef”ASO 経産牛セミナー

東海大学農学部では、阿蘇地域の風土・文化特性を活かした肉用牛生産体系「草原あか牛”eco

記事を読む

プレミア近江牛は予想を覆すA-4という結果だった

究極の食育は、「自分で育てた牛の肉を食べる」ことだと思う。 生産者はどんな気持ちで牛を出荷

記事を読む

神戸bb9で坂井シェフの薪焼きに魅了された3時間は余韻をひきずりまくるほど幸せなひとときでした

看板がない、と思ったら・・・ よーく見ないとわからないほど小さかった(笑)

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2023年2月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728