*

肉Meets × 茶路めん羊牧場のアニョードレを食べる会 in クレメンティア

公開日: : 2014/05/16 イベント

IMG_4112

昨年、完全放牧野生牛(ジビーフ)の生産者、西川さんちへ行ったときに、少し時間があったのと距離にしてそれほど遠くなかったこともあり白糠の茶路めん羊牧場を訪ねた。羊はそれほど興味はなかったのですが、牧場主の武藤さんが京都出身ということもあり、しかも敬愛する岸本さんの友人ということもあって、羊というより武藤さんに会いに行ったのでした。と、ここまでは私のいつもの行動パターンです。

今年の3月です。再び完全放牧野生牛を見るために北海道様似の西川さんちへ。前回の訪問同様、羊に対しては相変わらずさほど興味はないのですが、武藤さんが育てる羊になぜか興味がわいてきたのです。それは牧場を見て、武藤さんの話を聞いて、私がやっていることと共感する部分が多かったからです。

帯広へ行くと、いつもアテンドしてくれる北村貴さんから、武藤さんところは、毎年5月に「アニョードレ」を出荷しているという情報を聞いていたので、それは聞き捨てならないということで、お願いしてみると今年の出荷(30頭)のなかから1頭を分けてもらえることになったのでした。

さて、武藤さんのラムは何度か送ってもらっては食べているのですが、とにかくうまい。サルティンボッカ木村シェフ、愛と胃袋の信作シェフも絶賛なのです。となれば、当然アニョードレ(ミルクラム)にも期待が高まります。となれば、これはたくさんの方に食べていただきたい、、、ということで肉Meetsの開催が決定したわけです。会場は、武藤さんが京都出身ということで、クレメンティアの田淵シェフにアニョードレをお任せすることにしました。田淵シェフならなんとかするだろうという思惑もあったのですが、結果はご覧のとおりさすがでした。

IMG_5302

本来なら1週間程度寝かせたほうがいいと思うのですが、5月9日に入荷したのでそういうわけにもいかず、早々にクレメンティアへ。

IMG_5336

まずは、ローズヒップとカーネーションのカクテルからスタートです。

IMG_5338

前菜
朝恋トマトのファルシー
ひよこ豆のフリット
お肉のタルタル2種

IMG_5360

愛農ポークの自家製ベーコン2種とパンツァネッラ

IMG_5363

アニョードレの内蔵のヴィンチスグラッシ

IMG_5372

淡海地鶏と近江牛のダブルコンソメのスープと近江牛の煮込みを詰めたカッペレッティ

IMG_5357

アニョードレもも肉のロースト

IMG_5374

木下さんの近江牛の牧草焼き

IMG_5388

こちらはアニョードレですが、武藤さんがホゲットも送ってくれたので食べ比べができました。

IMG_5395

アニョードレはまったくくさみがなかったのですが、ホゲットは羊を食べてる感が強かったです。

IMG_5413

IMG_5425

アニョードレのポルケッタ

IMG_5402

木下牧場のウチヒラ牧草焼き

IMG_5435

マッケロンチーニ
賀茂茄子とリコッタチーズのトマトソース

IMG_5437

マンゴーのムースとココナッツのジェラート

IMG_5369

料理はざっとこんな感じですが、ワインはエーテルヴァインの佐々木くんが担当。いつもながらすばらしいチョイスでアニョードレにも近江牛にもピッタリでした。19時スタート、気がつけば23時をまわっていてビックリしました。

田淵シェフの気合が伝わるようなメニュー構成でした。参加者のみなさま大満足で年に1回、アニョードレの会が定番化しそうです。

IMG_5344

田淵シェフ、お疲れ様でした!

そして最後は、居残り組でこの笑顔、

IMG_5441

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

理想の肉牛を求めて~日本農業の未来を語ろう!駒谷信幸氏×西川奈緒子氏×新保吉伸&イルジョット高橋シェフによるスペシャルディナー

告知が遅くなりましたが、2月14日にきたやま南山地下のギューテロワールにて日本農林漁業振興協

記事を読む

しゃべり疲れた後はサルティンボッカでジビーフ

猿払の放牧酪農家小泉さん、様似の西川さん、近江の木下さんなどなど、牛飼いのみなさんと楽しい仲

記事を読む

愛農ナチュラルポークお披露目会 募集開始

三重県の伊賀市に日本で唯一の私立の農業高校がある。 あまり知られていないその高校は、愛農学

記事を読む

土佐あかうしを語り熟成肉を食べる会リハーサル

8月29日に開催する「肉Meets in 高知スルラクセ」に先駆けて、山本シェフに一度熟成肉

記事を読む

ドミニク・フーバー氏とイルジョット高橋シェフの共演

ある人が言いました。料理はセンスだと。私は胸につっかえていたものが腹に落ちました。もちろん経

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
やまけん著:炎の牛肉教室!

山本謙治(やまけん)さんがおもしろい本を出した。牛肉本に関して

ジビーフやブラウンスイス牛は小さなコミニュティのなかで生れたのです

発売中の料理王国に4頁に渡って掲載していただいてます。そのなか

徳山鮓でブラウンスイス牛を食べる至福の時間

数か月前に余呉の徳山鮓さんで秘密のイベントがあり、そのときに吉

→もっと見る

  • 2017年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31