*

肉Meets in 藤井牧場 【祝】近江プレミアム牛を食べる会

公開日: : 2014/05/14 イベント, 近江プレミアム牛

10300680_678542845544738_6547555710728967259_n

5月31日(土)開催の肉Meetsは、久しぶりに京都きたやま南山さんで開催が決まりました。内容は、国産飼料100%で育てた近江プレミアム牛のお披露目会となります。

この取り組みは、私と木下牧場さんが10年前から取り組んでおり、3年前にようやく飼料屋さんなど協力者を得て実を結んだ特別な牛肉なのです。

いまでも他の生産者には理解不能なようですが、目指すところがまったく違うので私たちにとっては好都合なのです(笑)

今回の近江プレミアム牛は、枝重が220kgとかなり小さく、そういえば木下さんの初出荷のときも小さかったのを思い出しました。さすがに枝重が小さすぎると肉量がとれないので、食いつきのよくない酒粕の与え方を工夫したりして、3頭あたりからようやく300kg台にのせてきた経由があります。藤井さんも徐々にコツをつかんで落ち着いてくることdしょう。

屠畜場の枝庫には、他の生産者の近江牛(500kg台)がずらーっと並んでいます。そのなかで異彩なオーラを放っていた小さな枝肉が近江プレミアム牛です。事情を知らない他の生産者や問屋さんは、病気で大きくなれないから早めに屠畜したものと思っているようですから可笑しかった。

牧草中心で穀物飼料を与えていないので、大きくならないしサシもはいらないのです。入らないと断言してしまうと誤解が生じそうですが、正確には、意図的にサシを入れるような飼育はしていないといったほうが正しいかも知れません。血統的に自然なサシは入りますが、ビタミンコントロールなどしていないので、自然に入るサシは歓迎です。体にやさしくスッキリとした透明な味わいは木下さんの近江プレミアム牛で実証済みです。ただ、同じような現象が藤井さんの近江プレミアム牛でもおこるかどうかは、食べてみないとなんともいえません。これも楽しみの1つです。

ちなみに、一般的にスーパーや百貨店、肉屋などで売られてる牛肉のほとんどは米国などから輸入した飼料で育てられています。もちろんそれが悪いということではありません。ただ、和牛といっても中身は米国産なわけで、それが正真正銘の和牛といえるのか、、、とひねくれた見方を私はしてしまうわけでして、ましてやA5だのブランド牛だのと味には関係のない価値を前面に押し出したウリの手法に違和感を感じてしまうのです。

「動物が食べたもので私たちの体は作られている」というのが私の根底にあり、だからこそエサにこだわりたいのです。人間でも同じように、糖質を摂り過ぎれば太ります。間食をやめるだけで体重は減ります。つまり、食べ物で体調管理ができてしまうのです。しかも、牛は人間のように運動もしなければ自分で食事制限もできません。人間が与えたものを食べるしかないのです。だからこそ、自分たちが食べる以上に気をつけてやらないといけないのです。結果としてそれが私たちの健康につながるのです。

近江プレミアム牛をやりだした初期の頃の話をすると、志とは意に反して国産飼料が集まらないのです。やっと集まっても高すぎる。これでは仕上げてもかなりの高値で売らないと採算があわない。といった状況でした。しかし、今後おそらく起りうるであろう第二のBSEや口蹄疫に備えて私たちは過去の教訓を生かしながらすすめるしか生き残る道はなかったのです。

大口を叩いた手前、後戻りはできませんので、私が全責任を持って木下牧場さんに委託したのです。おかげさまで全国の料理人や志の高い消費者のみなさんから取り組みに共感いただき、しかも、かなりおいしいと味の評価もいただきました。ただ、需要が多くなればなるほど問題もでてきます。たちまちは月に1頭しか出荷できないという事情です。

そこで手を挙げてくれたのが、普段はぼーっとしている藤井牧場さんなのです。わざわざ苦労と他の農家から予測されるパッシングの中に入ってきてくれた奇特な農家さんです(笑)

このあたりの話しは、5月31日の肉Meetsで語ってくれるでしょう。とにかく藤井牧場さんも一歩踏み出したわけです。そして待望の1頭が先日の5月12日にお肉になりました。

ストレスを与えず、国産飼料だけで育てた近江牛は、近江プレミアム牛と名を変えて220kgの小さな肉となり私の目の前に現れたのです。もうねぇ、感動ですよ。

ぜひぜひ、1人で多くのみなさまでお祝いしていただけたらお肉になってくれた牛さんもさぞ幸せだろうと思うのです

いつもは、15000円で開催する肉Meetsですが、今回はお祝いということもあり10000円でお楽しみいただきます。通常の近江牛(木下牧場)、岩手の短角牛、南山ブランドの京たんくろ和牛の食べ比べも行います。

さらに、牛肉サミットでおなじみのシンガーソングライダー 左嵜 啓史さんが花を添えてくださいます。そして牛肉サミットキャラクター、ぎゅうっとちゃん応援にかけつけます。

※ライブは、スタンディングで拳を突き上げるようなスタイルではありません。だいたい私がそういうのを好きではありませんので、椅子に座ってしっとり聞くライブです。つまり大人な感じです(笑)

肉Meets in 藤井牧場 【祝】近江プレミアム牛を食べる会

◇日時:2014年5月31日(土)
場所:きたやま南山
京都市左京区下鴨北野々神町31 北山通ノートルダム小前
申し込みはお電話で TEL:075-722-4131

18:00 開場
18:30 左嵜 啓史さんの歌スタート
19:30 終演
19:40 近江プレミアム牛お披露目会スタート
21:45 終了

◇会費:(大人)10,000円 (子供)5,000円

☆キャンセルポリシー
2014年5月23日までのキャンセルにつきましては全額返金させていただきます。
2014年5月24日以降のキャンセルにつきましては会費の100%のキャンセルフィーをいただきます。

エントリー後キャンセルする場合はご一報ください。

————————–————————–————————–

■シンガーソングライダー
左嵜啓史(Hiroshi Hiroshi )プロフィール

滋賀県大津市出身。東京都在住。
昭和50年7月9日生。

HONDAの大型バイク、シャドウファントム750にギターを積んで走ってる事から、『シンガーソングRIDER』と呼ばれている。

2000年、BIG WAVE RECORDSより「花火」(IIHF U20 世界選手権ALL JAPAN公式応援歌)でデビュー。

2002年から世界最高峰の2輪レース「鈴鹿8耐」に於いて、鈴鹿8耐&LOVE BIKEメッセンジャーという肩書きの元、「鈴鹿8耐への道」と題した旅を10年間決行。
その想いを詰め込んだ「8耐」「花火」を収録された両A面CD「2011」を発売。

プロデュースには長渕剛などでおなじみの笛吹利明氏、ジャケットデザインには世界的ファッションデザイナー荒川眞一郎氏が担当している。

ラジオ関西「ヒラタ屋本舗!おもしろトラベル!』のテーマソングに決定。

滋賀県でおなじみの飛び出し坊や『とび太くん交通安全大使』にも就任した。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

感動のブルスタ

中目黒にブルスタという店がある。料理も出すがワインバー的な扱いだろうか。店主の西山さんが選ぶ

記事を読む

まぐろと牛肉イルジョットにて

6月5日、まぐろの仲買人、フジタ水産の藤田さんと新橋のしみずさんで鮨を食べた。写真がモノクロ

記事を読む

31日間の虎ノ門ポップアップストア終わりました

31日間の虎ノ門ポップアップが終わりました。ご来店いただきましたみなさま、お手伝いいただきま

記事を読む

ラシーム&バンコクSühring(ズーリング)のスペシャルコラボレーションディナー

2018年度 Asia 50 Best Restaurant にて17位に選ばれた、ラシーム

記事を読む

牛肉サミット2012 10万人の来場者で熱く暑く盛り上がった!

会場をぶらぶら歩いていた井岡弘樹さんと(^^) 牛肉サミット2012が終わった。 私の夏

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
近江牛考

たまに会社のHP経由で見積もり依頼がありますが、見積もりほど労力に見合

わくわく定期便3万円

「わくわく定期便」のコースは、5980円、9980円、1980

ジビーフ128か月齢の背景にあるものは

先日、屠畜したジビーフ2頭。まずは、『いよりん(←牛の名前)』

→もっと見る

  • 2021年4月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930