*

料理マスターズブロンズ賞受賞のロレオール伊藤シェフが短角牛の熟成肉を料理する

公開日: : 2011/10/16 イベント

農林水産省「料理マスターズ」ブロンズ賞の受賞者が発表された。

昨年が第一回目で、アルケッチャーノの奥田シェフや
カハラの森シェフが受賞した。

第二回目となる今年は、比良山荘の伊藤さんや
岩手のロレオール伊藤シェフが受賞した。

R1022593.JPG

ちなみに、この時期の比良山荘といえば
なんといっても鮎松ごはんだ。

名残の鮎と松茸の饗宴は
双方の素材が重なり合うこの時期でしか味わうことができない。

比良山荘は地元ということもあり
年に2回はお邪魔しているが、他の受賞者が作る料理も興味深い。

農水省の受賞ページを見ると、
各々の取り組みや特徴が記載されている。

受賞者に共通するキーワードは
生産者との「協働」であり、地域の活性化であることが伺える。

どの受賞者の取り組みもすばらしく
いったいどんな料理を作るのか興味があるところだが
関西圏ならいざ知らず岩手や札幌は気軽に行ける距離ではない。

そんな時、きたやま南山の楠本さんから
こんなことを企画しているので、呼びかけ人になってほしい声をかけられた。

それがこれだ!

20111016140821436_0001.jpg

ロレオールの伊藤シェフが、きたやま南山で腕をふるうというのだ。

食材はすべて岩手県産で、特に注目していただきたいのが
短角牛を40日間ドライエージングした熟成肉だ。

以前、やまけんさんの国産丸を預かってドライエージングさせてもらったが
あのときは、熟成香が弱く、私としては満足のいかないもので悔しい思いをした。

しかし、今回お預かりした短角牛は、大いに期待できる。
とは言っても、結果は包丁を入れた瞬間と火入れしたときの甘い熟成香を
確認するまでは安心できない。

熟成肉は、丁寧な火入れが明暗をわけるのだが
果たして伊藤シェフはどのように料理してくれるのかいまから楽しみだ。

他には、ホロホロ鳥やアイガモ、佐助豚もコースに入っているので
こちらも楽しみです。

私も参加しますので、ぜひご一緒しませんか。

申し込みはこちらです(→クリック

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よみがえりのレシピ&夢いっぱいに食の未来を語る会

昨日は、山形のアルケッチャーノ奥田シェフが庄内平野で巻き起こした奇跡、「よみがえりのレシピ」

記事を読む

吉田全作×新保吉伸 築地八海山にて

過日、築地の八海山東京営業所にて「吉田全作×新保吉伸」の業界ナイショの話という、なんとも意味

記事を読む

希少なお肉と素敵な人の輪で繋ぐ肉の祭典は感動的だった

2月1日~28日まできたやま南山さんで開催中の肉菜健美フェアですが、メインイベンの「肉と野菜

記事を読む

熟成肉や愛農NPを味わえるクレメンティアで肉Meetsやります

京都のイタリアン、クレメンティアの田渕シェフと木下牧場を訪れたのが数か月前。口数こそ少ないが

記事を読む

愛農ナチュラルポーク半頭でシャルキュトリを食べる会

いつだったか忘れましたが、楠田さん(メツゲライクスダ)と愛農ナチュラルポークでジャンボンブラ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフの販売について

以前は毎日のように問い合わせがあったジビーフですが、ここ最近は

熟成に理想的なA2の肉

WardPressの仕様が変わってから、どうにも使いにくくて更新も前み

ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

→もっと見る

  • 2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930