*

13th 肉Meets in そむりえ亭はサプライズの連続だった

公開日: : 2013/11/07 イベント

IMG_2041

13回目となる肉Meetsは西心斎橋、いわゆるアメ村にある「そむりえ亭」で開催しました。アメ村といえば若者の街という印象が強いが、そむりえ亭は大人が通うワインバーといったところだ。

ただ、そむりえ亭がただのワインバーではないところは、「ダイニング.ウィズ.ワイン そむりえ亭」と看板を掲げているとおり、厨房を任されている阪本シェフが繰り広げる料理がすばらしいんです。坂本シェフの奇想天外な料理に合わせで最適なワインをチョイスするのはオーナー・ソムリエの樋口氏。さらに料理がおいしくなります。

えーっ、この料理には赤でしょう、、、というところに白を持って来たり、その逆であったり、とにかくウンチクも含め世界観が変わるとはこのことです。

ワインは写真を撮っていないので料理のみ紹介しますと、まずアミューズは帆立のムースで肩慣らしといったところです。ここからすばらしい発想の料理が展開されます。

IMG_1960

IMG_1962

近江牛熟成肉のテリーヌですが、驚いたのはスープです。熟成肉の特徴といえばカビがもたらす香です。通常はカビを取り除いて「焼く」というスタイルが一般的ですが、阪本シェフの発想はスープでした。これが驚愕のおいしさで特に脂の旨味が際立っていました。もちろん飲み干しました。

IMG_1977

IMG_1980

愛農ナチュラルポークのヴィプールですが、肉の周りを絵を描くように野菜で彩り農園を演出。部位は、愛農ナチュラルポークのロースですが、ナマのような食感で楽しめました。

IMG_1988

愛農ナチュラルポークのリエット、椎茸のブレゼ。ロースをペーストしているのですが椎茸の旨味と混ざって最高においしかったです。樋口氏セレクトのパレオ ビアンコがよく合い上品な味わいでした。

IMG_2006

近江牛熟成肉のロティ、レモンのピュレ。すばらしいとしか言いようがないのですが、ナマのレモンを皮ごとすり潰しているのでかなり酸っぱいのですが、これが熟成肉をおもしろいほどおいしく変化させるのです。

IMG_2011

柿のコンポート、アニス風味で終了

IMG_2013

IMG_2031

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

在京都フランス総領事館特別ディナー

在京都フランス総領事館にて、特別ディナーに出席してきました。ブロソー総領事のゲストとこの日の料理を担

記事を読む

19th 肉Meets 完全放牧野生牛お披露目会 in サルティンボッカ

東京での完全放牧野生牛お披露目会は生産者や医療関係者、さらにプロの料理人たちで盛大に賑わいましたが、

記事を読む

しゃべり疲れた後はサルティンボッカでジビーフ

猿払の放牧酪農家小泉さん、様似の西川さん、近江の木下さんなどなど、牛飼いのみなさんと楽しい仲

記事を読む

放牧アンガスの熟成ロース、まずまずの仕上がりです

9月11日に開催される【IL GIOTTO高橋直史 × 駒谷牧場 放牧アンガス牛を食す会 in きた

記事を読む

ファイアーフォール4000×愛農ナチュラルポーク火鍋会

先週になりますが五反田のファイアーフォール4000にて愛農ナチュラルポークの火鍋会が開催され

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31