*

肉Meets in 新潟は燕市吉田のBISTRO NAOMIさんで感動の料理に大満足

公開日: : 2014/02/28 イベント

 

IMG_3586

若き料理人、塚原シェフが初めて挑んだドライエージングビーフ40日熟成肉。その肉を初めて目の前にしたとき、シェフはついつい焼いてみたい衝動にかられてイベント用の肉を一気に焼いてしまった。イベント当日の肉が足りなくなり再度送ることになったのだが、こういうシェフ大好きです。

IMG_3424

初の「肉Meets in 新潟」は市内から少し離れた吉田駅の前に店舗を構えるBISTRO NAOMIさんで開催させていただきました。

塚原直己シェフと何度か打ち合わせをし、食材は近江牛熟成肉のサーロインと愛農ナチュラルポークのチャップ&バラに決定。チャップはロースソテーに、バラはシャルキュトリーにするとのこと。さらにせっかく滋賀から来るのでと新潟の海の幸もメニューに加えていただけるという配慮。うれしすぎます。

IMG_3539

今回は会場の手配から集客まですべて友人の越後収納美人@小林理恵子さんにお任せして私は肉を選ぶだけという非常に楽な役回りをさせていただきました。ということで当日まで参加人数も知らない状態、おそらく知人もいだろうということで、例によってFINEPETS@皆川氏が参加。

IMG_3477

ワンちゃんネコちゃんを飼っている方が半数以上いたので、皆川氏にペットフードの安全性について語っていただいた。私が牛のエサにこだわるのは、動物が食べているもので私たちの体が作られているという30年前のアメリカのスローガンに感銘を受けたものであり、皆川氏もこのことに共感し、ペットフードの原材料にこだわっているのだ。

ペットは伴侶動物として家族の一員であり、安価なフードで寿命を縮めるのではなく質のよいものを選んでやっていただきたい・・・・というようなお話に参加者も大きく頷いていた。

さて、料理のほうだが、まずは愛農ナチュラルポークを使ったシャルキュトリーからスタート。ワインは一皿ごとにシェフに合わせていただき、こちらのセンスも抜群でした。

IMG_3472

IMG_3498

IMG_3490

魚沼産八海山サーモンマリネとカラフル大根を散らして

IMG_3496

佐渡産牡蛎のグラタン

IMG_3501

愛農ナチュラルポークのロースソテーとフォアグラのソテーのロッシーニ風

豚肉消費が多い新潟のみなさんが大満足した愛農ナチュラルポークはさすがの味でした。みなさん驚かれていたのは脂の口どけであり甘さ、そしてフォアグラとの相性の良さです。このあたりからワインが加速し始めます。

IMG_3527

津南産人参の温かいポタージュ

IMG_3530

愛農ナチュラルポークのベーコンで包んだオマール海老
香味野菜の粒マスタードソース

IMG_3583

近江牛熟成肉のサーロインステーキ
熟成バルサミコソース

IMG_3604

IMG_3610

肉Meetsは、「つなぐ」ということをテーマに開催しています。作り手と料理人、そして消費者をつなぎ、ホンモノを手渡しすることが目的の1つでもあります。この日は、パンを焼いてくれた人、コーヒーを販売している人など、メニュー食材に関わる方々も参加して大いに盛り上がりました。作り手がいて、食べる人がいて、そして笑顔があり、時代は「どこで買うか」より「だれから買うのか」、これからの時代に必要な信頼できる人からモノを買うということの重要性を改めて感じさせられた貴重なイベントになりました。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2019/9/6 ラフィナージュ高良シェフ×新井治彦×新保吉伸

記事を読む

肉Meets in Collaboration×6

Le14e@茂野シェフ(フレンチ)、IL DENTE DI LEONE@関シェフ(イ

記事を読む

新保が手掛ける肉の特徴

「Lawry's The Prime Rib」のローストビーフ[/caption] 久しぶり

記事を読む

肉Meets × セトレマリーナびわ湖 in 生産者トークライブ

今日の滋賀は30度を超えた常夏状態で外仕事も汗が激しくとまらない。さすがに耐えられずに事務所

記事を読む

理想の肉牛を求めて~日本農業の未来を語ろう!駒谷信幸氏×西川奈緒子氏×新保吉伸&イルジョット高橋シェフによるスペシャルディナー

告知が遅くなりましたが、2月14日にきたやま南山地下のギューテロワールにて日本農林漁業振興協

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年10月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031