*

希少なお肉と素敵な人の輪で繋ぐ肉の祭典は感動的だった

IMG_3214

2月1日~28日まできたやま南山さんで開催中の肉菜健美フェアですが、メインイベンの「肉と野菜とワインの魅力を味わう会」が23日無事終了しました。

食材のすばらしさはもちろんのこと、志の高い参加者と男気溢れる料理人、クレメンティアの田淵シェフ、内田シェフの料理に参会者は一様に拍手喝采でした。

私は外食では贅沢に、内食では質素にと心がけているのですが、たまの外食は同行者を選びます。だってね、好きじゃない人と食事することほど辛いものはないですからね。だからお誘いする相手は同じ舌を持った人に限ります。味覚がどうのこうのはなく、同じものをおいしいと感じる舌であるかどうか、、、グルメな方でも咆哮や感じ方は異なりますからどうしても選んじゃいますよね。

この日の参加者は、おそらく同じ舌を持った方ばかり集まられたんじゃないかな。近江プレミアム牛に完全放牧野生牛、そして愛農ナチュラルポークに蝦夷シカ肉など変わり種ばかり。ここに魅力を感じ、硬い赤身肉をガシガシ噛みしめながらうまいうまいと目を細めている光景があちらこちらでうかがうことができました。すべてのお肉に関わらせていただいているので、わたしとしてはこれだけでも大満足、大感激なのです。

まずは食事前のウォーミングアップとして、私の拙すぎる話と築地御厨の内田先生の素敵なお話しからスタートです。

IMG_3216

内田先生、すごいですね、、、野菜が乗り移ったかのような方です。おしゃべりが60分を超えたあたりから私には紫の茄子に見えてきましたもの。

さて、田淵シェフ渾身の料理は前菜からクレメンティアの味を色濃くしたものからスタートです。

IMG_3221

完全放牧野生牛のローストビーフは、肉の力強さを感じながらいきなりガツンとくるものでした。私の頭のなかはこんな感じの絵が・・・

575139_533540866711722_1883486683_n

IMG_3230

完全放牧野生牛のヴィテッロトンナートですが、イタリアピエモンテ州の伝統料理ですね。仔牛のヴィテッロトンナートは食べたことがあるのですが、完全放牧野生牛のヴィテッロトンナート、お見事です!

IMG_3264

一皿ごとにビオワインをマリアージュしてくださったのは、ご存じエーテルヴァインの佐々木さんです。参加者の質問にも丁寧に詳しく答える佐々木さんの姿はカッコいいですね。

IMG_3260

エジ鹿のブレザオラ風は、完全放牧野生牛の生産者でもある西川奈緒子さんのお父さんが仕留めたもの。そしてこのお父さんがすごいすごい!現役のハンターで先日お家にお邪魔したときも鹿の角をたくさん見せていただきました。いくらでも持って帰っていいよ、、、って言われましたが飛行機なので(笑)

IMG_3351

話しもおもしろくて1日中聴いていたいぐらいです。やはり半端ない壮絶な経験が言葉に滲み出てますね。そんなことを思うと私なんてまだまだもっともっとがんばらないといけませんね。

IMG_3364

田淵シェフの代名詞ともいえる近江プレミアム牛のわら包み焼きです。わらは木下牧場で刈り取ったものです。私は食べ慣れた味なのですが、何度食べてもおいしくて唸ってしまいます。

IMG_3357

IMG_3319

世界の健康長寿食研究の第一人者、家森先生の話しもすばらしくて赤身肉のおいしさにも感動していただきました。

そうこうしているうちに、愛農ナチュラルポークのローストが運ばれてきました。
表面はしっかり火入れしてあり、仕上げをロースターでという田淵シェフの心遣いはさすがです。

IMG_3372

IMG_3382

IMG_3307

ケトジェニックダイエットの斎藤先生にもご参加いただき本当に素敵な輪が広がりました。

IMG_3300

唯一、噛み切れなかった完全放牧野生牛のスープ。みなさんのお皿をみると肉は残っておらず、たまたま私の肉が反抗的だったのか、、、それとも私の歯が弱いのか。スープはとってもおいしかったのですが半端ない噛みごたえに苦労しました。これもまた野生牛ならではと思えば楽しさ倍増です。

IMG_3399

最後はトドメとばかりに南山流の焼肉で締めくくりです。

IMG_3238

田淵シェフ、楠本さん、孫さん、南山スタッフのみなさん、そしてご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

最後に、愛農ナチュラルポークを育てている西川奈緒子さんの長男くん。自分たちが育てている愛農ナチュラルポークを食べて驚いたようです。あまりにもおいしくて。

IMG_3234

 

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

愛農ナチュラルポーク半頭食べ尽くす会 in 膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり

昨年開催した獅子金(際コーポレーション)での肉Meetsがあまりにも好評で、参加していただいた方々か

記事を読む

熟成肉同様、赤身肉にも定義がないのです

さて、なんの肉でしょうか?..... 牛肉には違いないのですが、おそらくですよ、料理人

記事を読む

これぞ赤身肉の決定版ともいうべき牛肉が続々入荷

一気に入荷があるともう大変!冷蔵庫が賑やかです。 これぞ赤身肉。奈緒子さんのジビーフ、全作さんのブ

記事を読む

ジビーフの一般販売に関しまして

ジビーフの一般販売に関しまして、たくさんの方からお問い合わせをいただいておりますが、今回入荷

記事を読む

赤身和牛食べ比べ試食会

15日、16日の2日間は南山dayで、まずは15日の模様から。 昨年から定期的に開催さ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31