*

ケンボロー・ホエー豚のバラで作る角煮

公開日: : 2014/02/12 未分類

帯広の講演でご縁をいただいた、ケンボロー・ホエー豚の源さんからロースとバラを送っていただきました。ホエー豚は以前に食べたことがあり特別おいしいとは感じなかったのですが源さんの豚肉はまったくの別物だった。ケンボロー種+ホエーがおいしいのか、そのあたりは分かりませんがロースはしゃぶしゃぶとローストにしていただき、バラは角煮を作ることに。アクがほとんどでなかったのには驚きました。ケンボロー種の特徴でもあるあっさりした脂質が影響しているのかも知れません。ということで角煮はこんな作り方をしてみました。

【用意したもの】

・豚バラ肉 1200g 
・醤油 大さじ8
・きび砂糖 大さじ6
・日本酒 400cc(料理酒や合成酒ではないもの)
・昆布 30g(1枚入れました)
・水 肉がかぶる程度

IMG_3153

豚肉をボールに入れて醤油で揉んでから10分程度おきます。その後、スキレットで両面2分程度づつ焼く。この時点でかなりおいしそうなのでこれはこれでアリかなと思いちょっとつまんでみると、、、かなりおいしい!

目的が角煮なので、今度は肉を鍋に移しボールに残っている醤油を鍋に加えて醤油が煮詰まるまで火を入れます。とろみがでるまで弱火でコトコト、コトコト・・・

醤油は魯山人醤油を贅沢に使ってみました。

IMG_3163

醤油にとろみがでてきたので日本酒を加え強火で7~8分煮ます。

IMG_3170

アルコール分が飛んだらきび砂糖を入れ、肉がかぶる程度まで水を加えます。

IMG_3175

次に昆布で肉を覆います。

せっかくなので利尻昆布を買ってきました。

IMG_3160

IMG_3184

沸騰したらアクと脂をていねいに取りながら・・・といいたいところですが豚が良いのでアクがほとんどでませんでした。時間が23時をまわり眠くなってきたので鍋ごと冷蔵庫へ、、、

そして翌朝

IMG_3186

昆布を取り出すと脂も一緒にとれてまるで蓋そのものでした。その後、 弱火で120分ほど煮込む予定でしたが時間がなかったので圧力鍋で30分一気にやっちゃいました。

 そして出来上がりはこんな感じ。別で煮たたまごを加えておいしくいただきました。

IMG_3201

 

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

今年も一年ありがとうございました

  例年通り31日まで仕事をさせていただき無事終わることができました。今年ほ

記事を読む

愛農ナチュラルポークがサイトから購入できるようになりました

きたやま南山で開催された愛農ナチュラルポークお披露目会では、 サルティンボッカの木村シェフが

記事を読む

新しい沖縄料理の創造のために

Etat d’Esprit and ARDORのコラボディナーのために仕入れた黒毛和牛。宮古

記事を読む

1/24北海道オークリーフ牧場からホワイトヴィール(乳飲み仔牛)が入荷しました

フランスで見た牛肉で圧倒的に印象に残ったのがホワイトヴィール(乳飲み仔牛)です。正直言って和

記事を読む

年末の営業は31日まで年始は6日から

ひっきりなしにお電話いただいてますが年内発送のご予約、ご注文は昨日で締め切りました。あとはひ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
生産と販売と消費者と

僕たちの仕事は目立つことがない、いわば裏方です。目立つのはショ

虎ノ門セジールあと4日

感慨深い夜でした。10年前、あるイベントを立ち上げたときに、大

アルドール最後の日

アルドールが終わった。 と言っても次のステージが今日からはじまる。

→もっと見る

  • 2020年8月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031