*

アルドール最後の日

公開日: : 2020/08/02 未分類

アルドールが終わった。
と言っても次のステージが今日からはじまる。

画像1

店はお客様が作り、料理人やそこで働く人はお客様に育てられ成長する。こんなに惜しまれて幕を閉じるレストランを見たことがありません。

画像2

すでに次のステージへ向かっているオーナーでもありピッツァイオーロの仲村さん(左)とアルドール愛に溢れて大泣きするお客様。みんな泣きたかったがこんなに泣かれたら泣くに泣けない。久しぶりに嗚咽する大人をみた。

画像3

この3年、アルドールにふさわしい牛を探し続けて、昨年からようやく沖縄県産の黒毛和牛を流通できるようになった。どこにでもある黒毛和牛ならアルドールで食べる意味がないので、子をたくさん産んだ経産牛だけに絞った。僕はスペインのバスクで食べた肉をイメージして仕上げた。沖縄県産で黒毛和牛でしかも経産という誰にも真似できない牛と手当て、そしてアルドールの料理。3年後には世界中がアルドールを知ることになるだろうと確信していたのだが。

画像4

アルドールは予約がぜったいとれないレストランになってしまったが、精神と意思はBACARに引き継がれる。そして、みなさんが感動したアルドールの料理はBACARでさらに深化する。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noteはじめました

noteってご存じですか? 僕もよくわかっていないのですが、ちょっと事情があってはじめて見ました。

記事を読む

MIIKUプロフェッショナルコース

来週は日本味育協会のプロフェッショナルコース。マスターコースを受講した方しか受けられないので少し難易

記事を読む

ジビーフと愛農ポークでしゃぶしゃぶ会

ジビーフ『なおみ/191ヶ月齢/100日熟成』の大腿骨焼きからはじまり、『ひとみ/29ヶ月

記事を読む

おもて牧場のブラウンスイス×ホルスタイン×和牛

北海道十勝清水で十勝若牛を生産する「おもて牧場」を訪ねたのは6月初旬でした。案内してくれたの

記事を読む

生産者の視点、問屋の視点、肉屋の視点、そして久しぶりに大学で講演することになりました

久しぶりに某大学で講演させていただくことになりました。本業以外のことは気乗りしないのですが、

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
生産と販売と消費者と

僕たちの仕事は目立つことがない、いわば裏方です。目立つのはショ

虎ノ門セジールあと4日

感慨深い夜でした。10年前、あるイベントを立ち上げたときに、大

アルドール最後の日

アルドールが終わった。 と言っても次のステージが今日からはじまる。

→もっと見る

  • 2020年8月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031