*

住所、電話番号非公開の店でモツサンド

公開日: : 2021/04/18 未分類

東京某所に女主人が一人で営業している店がある。本人は家庭料理だというがとんでもない。彼女の料理で胃袋を掴まれた方は多いはず。場所をお伝えしたいのだが、住所、電話番号非公開につき残念ながら。住所を伝えたところでまともにたどり着けない。よくぞこんな場所を見つけたものだと感心したのだが、歌舞伎俳優の方に紹介してもらったとか。聞けば僕の知り合いの方だったのでびっくり。これもご縁。

さて、夜の営業は予約のみというこの店。ランチはやっていない。過日、ブリアンツァでモツバーガーを期間限定で提供したことがあり、女主人も食べたのだが、それがいけなかった。いや、いけないというわけではないが火がついてしまった。イタリアのパルモレで食べたモツバーガーを再現したいと。

さっそく脾臓と肺と小腸を送った。僕が東京へ行く予定に合わせて作ってくれるとのこと。ランチ営業はやっていないのだが、特別に開けてもらった。

見た目はよくないが、おいしくて驚いた。毎週2回、屠畜が多ければ3回、近江牛の内臓が入荷してくる。レバーだけとかタンだけとかではなく、一頭分の内臓あますところなくだ。困るのが肺と脾臓で、商品化できない。肺は3日もすれば黒ずみ使いものにならない。煮込めばおいしいのはわかっている。でも、うちの店では需要がない。脾臓も同じく。チレ刺しとかで生で食べさせるところもあるみたいだが、僕は無理。一度生で食べてみたが吐き出した。なんでも食べるうちの了平(店長)でさえ吐き出した。愛農高校の池でガマガエル捕まえて焼いて食べてた了平でさえ。

これはたくさんの人に食べてほしいとSNSに投稿したら、100人以上の方からご一緒したい、食べたいとコメントいただいた。しかし、住所非公開の店なのでだれかれというわけにもいかず、しかも、僕も同伴となるとさすがに頻繁に食べるわけにもいかず、ひとまず5回のみランチをお願いしたのだった。

イタリアに住んでた人も驚いた。見た目のインパクトを超えるおいしいとでも言えばいいのか。とにかく世界は広い

モツバーガー(モツサンドかな)があまりにも軽すぎるので、ほうき鶏のモモ&ムネのカツとカレの3点セットにしていただいた。これで3000円。安いでしょう。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アルドール最後の日

アルドールが終わった。 と言っても次のステージが今日からはじまる。 店はお客様が作り

記事を読む

リストランテ・マッサでラッセ×マッサ

かつてフジテレビ(料理の鉄人)で、第4の鉄人として活躍された神戸勝彦シェフが今年の3月、不慮の事

記事を読む

今年も一年ありがとうございました

  例年通り31日まで仕事をさせていただき無事終わることができました。今年ほ

記事を読む

求められる肉を作ることが生産者の本質だと思うのです

出張が多いので各地で食べ歩くことが楽しみの1つでもあります。ただ、どんなにすばらしい料理が目

記事を読む

あぁ、あか牛か

12月出荷予定の東海大学のあか牛「さくらそう」 今日の肉はなにがありますか? あか牛

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31