*

渡邊理奈シェフ×石井まなみシェフコラボディナー

公開日: : 2019/12/14 イベント

ラッセ渡邊理奈シェフと神戸カセントでスーシェフとして8年務め現在はスペインの新進気鋭シェフ、ルシアさんの元、Restaurant A tafona by Lucia Freitasで働いている石井まなみシェフとのコラボレーションディナーが開催されました。

渡邊シェフからのオーダーは「近江牛」のランイチ。なんか違和感のようなものを感じたのですが当日に理由が分かりました。ラッセでは通常営業で近江牛を使っているのですが、今回はサシと赤身のバランスがいい藤井牧場さんのトックリを一本吊るして、なるべく熟成の香りがつかないように仕上げてみました。に

骨付きランイチの状態で熟成させると香りがつきすぎる可能性があるので今回はトックリで。予想通り表面に黴がうっすら付いた程度で香りはマイルドに仕上がりました。

この状態ではまったく映えませんが、女性2人が骨のついた塊から切り出し、火を入れたひと皿は間違いなく映えるでしょう。

スペインにもアルゼンチンにも世界中どこへ行ってもその土地でしか味わえない牛肉があります。でも、僕が手当てした牛肉と圧倒的に違うのは香りです。うまく仕上がったと思いますが火を入れてどうなるのか、、

愛農ポークのハム。慣れた味だがやっぱりおいしい。

ウーン、バッチリです。欲を言えばもう少し分厚いのが食べたかったかな。それにしてもすばらしい会でした。石井まなみシェフ、滋賀県出身だそうでし。しかも能登川、、、だから近江牛だったのか。1月にサカエヤで研修して、そしてスペインへ帰ります。3年後に帰国するそうなので活躍が楽しみです。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

近江牛の内臓をイルジョット高橋シェフが料理するとこうなった

今年最後の肉Meetsはイルジョットで締めくくりました。イタリアンの天才シェフが繰り出す内臓

記事を読む

しゃべり疲れた後はサルティンボッカでジビーフ

猿払の放牧酪農家小泉さん、様似の西川さん、近江の木下さんなどなど、牛飼いのみなさんと楽しい仲

記事を読む

「日仏バル レベル」にて「ドメーヌ・テッタ×サカエヤ」の会

「日仏バル レベル」にて、年一開催の「ドメーヌ・テッタ×サカエヤ」の会 小さな会ですが

記事を読む

凱旋帰国の仙女里村明衣子さんと小朝さん

沖縄北谷のアルドールで比嘉シェフと美紀子さんのパーティーに出席して翌日は滋賀に帰らず東京泊。昼過ぎに

記事を読む

ドミニク・フーバー氏とイルジョット高橋シェフの共演

ある人が言いました。料理はセンスだと。私は胸につっかえていたものが腹に落ちました。もちろん経

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
ディオニー×セジール

昨年の11月に溝口シェフを迎えて第2章をスタートした新生セジー

noteはじめました

noteってご存じですか? 僕もよくわかっていないのですが、ちょっと

台湾2日目のディナーはAlexシェフのAKAMEへ

ホテルをキャンセルして知人の家に泊めてもらうことになった2日目

→もっと見る

  • 2020年1月
    « 12月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031