*

退路を断って覚悟を決める、プレーゴ藤吉の心震える肉料理

公開日: : 2019/11/06 店・料理人

いやぁー、正直驚きました。

数ヶ月前に約束したプレーゴ藤吉でのディナー。体調もイマイチだしなぁ。でも、確認したいこともあるしなぁ。頭の中でチェリッシュの「なのにあなたは京都へ行くの」がぐるぐるしながら京都へ向かった。

この数週間、知人からやけにプレーゴ藤吉へ行かないかと誘いを受ける。ディオニーの前田社長からも「オカちゃんとこ行かへん、めっちゃうまなってるで」と、、前田社長の舌は信頼している。いったい何がおこっているのか・・

たしかに、以前より熱烈なプレーゴファンがいる。岡さん、佐藤シェフの料理が大好きなリピーターがいる。味覚は人それぞれ。にしてもだ、、

岡さんは先月で滋賀の店を閉めた。木屋町界隈は肉を出す店が多い。しかも、そこそこおいしい。数年前、京都で店を出すときに、どうせならこの界隈でぶっちぎり一番にならないとね、と岡さんと話したことがある。道は険しく遠い。

ここにきて、岡さんは大きな決断をした。そして退路を絶った。肉塾にも参加し佐藤シェフの研修も受け入れた。天然キャラだが覚悟がみえた。

カウンターのど真ん中に僕と徳山さんが座った。やりにくいだろうな。一皿目のスープ以外はすべて牛肉だ。ジビーフ、あか牛、ブラウンスイス、近江牛、和牛経産の45日熟成。普段はこんなに牛肉がでたら途中でギブアップする徳山さんが完食した。細かな改善点はあるものの、ここ最近、プレーゴ藤吉を絶賛している理由がわかった。

京都にバカ高い肉割烹の店がある。比べる必要もないが、すべてにおいてプレーゴ藤吉が優っている。退路を絶って覚悟を決めた岡さんの料理に驚いた夜でした。京都でちゃんとした肉が食べたいとき、プレーゴ藤吉も候補に入れてください。ご贔屓の店があっても一度でいいから浮気してください。きっと驚きます。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

絶滅寸前のアルモリカン牛がパリ16区で公平が精肉にして伊藤シェフが料理するというスペシャルな食事会が開催されることになった

ブルターニュのTrè margat/トレマルガットに人口200人という小さな村にボラン農場は

記事を読む

屋台のフレンチシェフのための十勝若牛

すべて十勝若牛です。肉質、水分量から30日後の姿を想定して仕上げていきます。シェフの好みに合

記事を読む

小さく強く

「女性の視点」とか「女性ならでは」という言葉はあまり好きではないのですが、ヨーロッパの肉屋で

記事を読む

肉焼きの上達法はどれだけ場数を踏むかだと思うのです

写真は近江プレミアム牛ですが吊るしてちょうど30日目です。ウチヒラとシンタマはすでに10日目

記事を読む

肉をみて触ってどう処置するのか、肉屋の仕事は医者と似ている

シェフからの要望も様々でして、こちらはクラシタ(肩ロース)のネック部分のみ骨を残したパターン

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
食肉販売業の許可簡単にとれるけどちょっと心配

問題なかったら販売してもいいかなと思ってたのですが、ちょっと難

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもし

肉を焼くのは経験かセンスか

毎日のように肉を焼いてます。僕の場合は完全に試食と自己満足レッスンです

→もっと見る

  • 2020年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31