*

Domaine tetta × Melogranoそして年始に吉田牧場の会やります

公開日: : 2019/11/10 吉田牧場のブラウンスイス牛

昨夜は、
Domaine tetta × Melograno
吉田牧場さんのチーズとブラウンスイス牛。そして、tettaのワインたちに囲まれるといつも思うことだが居心地がいい。

2日前にも某所でシークレットな会が3日間開催された。テーマは「吉田牧場」。吉田牧場さんから送られてきた草木がカウンター席を飾る。僕の仕事はブラウンスイス牛をこの日のために手当てして仕上げること。しかし、出荷のタイミングとイベントの日が合わず、あと20日あればもっとおいしくできたのにと悔やまれる。いまも悔やんでいる。それでもシェフの気合いですばらしい会になったのは言うまでもないのだが、、、

ブラウンスイス牛は手強い。水分調整してから熟成させるのだが、いつも酸化とのせめぎ合い。和牛ならそんな心配も不安もないのだが、水分が多く、しかもお産を繰り返した肉質は時間をかけて手当てしなければ価値が見いだせない。完璧に仕上がったとき、その味たるものは感動しかない。

3日間の感想をシェフと話したのだが、今度はシェフのホーム、京都でやりたいと。日程を先に決めるのではなく、出荷のタイミングに合わせて決めましょうと。シェフと僕と吉田牧場さんと。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

吉田牧場のブラウンスイス牛「ミモザ」の牛生

「ミモザ」という名前の牛がいた。仔牛をたくさん産み、いちばん長生きした牛だった。牛舎に牛を入

記事を読む

サカエヤ店舗で、セジールで、吉田牧場さんを堪能

吉田牧場さんの名を有名にしたのは2013年に放送されたNHKプロフェッショナル仕事の流儀でし

記事を読む

今年最後の吉田牧場さんのブラウンスイス牛入荷

正しい肉は正しい人に料理されてこそ人を感動させられる。11/20に肉になってくれたブラウンス

記事を読む

これぞ赤身肉の決定版ともいうべき牛肉が続々入荷

一気に入荷があるともう大変!冷蔵庫が賑やかです。 これぞ赤身肉。奈緒子さんのジビーフ、全作さんのブ

記事を読む

「肉を焼く」って何?(奥深き肉焼き)

僕が2歳のときに出版された「牛肉の本」(←タイトル)にこんなことが書かれています。「肉の価値

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2023年1月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031