*

退路を断って覚悟を決める、プレーゴ藤吉の心震える肉料理

公開日: : 2019/11/06 店・料理人

いやぁー、正直驚きました。

数ヶ月前に約束したプレーゴ藤吉でのディナー。体調もイマイチだしなぁ。でも、確認したいこともあるしなぁ。頭の中でチェリッシュの「なのにあなたは京都へ行くの」がぐるぐるしながら京都へ向かった。

この数週間、知人からやけにプレーゴ藤吉へ行かないかと誘いを受ける。ディオニーの前田社長からも「オカちゃんとこ行かへん、めっちゃうまなってるで」と、、前田社長の舌は信頼している。いったい何がおこっているのか・・

たしかに、以前より熱烈なプレーゴファンがいる。岡さん、佐藤シェフの料理が大好きなリピーターがいる。味覚は人それぞれ。にしてもだ、、

岡さんは先月で滋賀の店を閉めた。木屋町界隈は肉を出す店が多い。しかも、そこそこおいしい。数年前、京都で店を出すときに、どうせならこの界隈でぶっちぎり一番にならないとね、と岡さんと話したことがある。道は険しく遠い。

ここにきて、岡さんは大きな決断をした。そして退路を絶った。肉塾にも参加し佐藤シェフの研修も受け入れた。天然キャラだが覚悟がみえた。

カウンターのど真ん中に僕と徳山さんが座った。やりにくいだろうな。一皿目のスープ以外はすべて牛肉だ。ジビーフ、あか牛、ブラウンスイス、近江牛、和牛経産の45日熟成。普段はこんなに牛肉がでたら途中でギブアップする徳山さんが完食した。細かな改善点はあるものの、ここ最近、プレーゴ藤吉を絶賛している理由がわかった。

京都にバカ高い肉割烹の店がある。比べる必要もないが、すべてにおいてプレーゴ藤吉が優っている。退路を絶って覚悟を決めた岡さんの料理に驚いた夜でした。京都でちゃんとした肉が食べたいとき、プレーゴ藤吉も候補に入れてください。ご贔屓の店があっても一度でいいから浮気してください。きっと驚きます。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

温度コントロールによる肉の温かさ

レオナルド・ダ・ヴィンチは馬の彫刻を作るために、何頭もの馬を解剖したという。 僕は肉を

記事を読む

肉質は餌の影響が大きく、ストレスは環境によって変化し、これって人間と同じことですね

今朝はジビーフに愛農ナチュラルポークに、平かしわに先日のセリで落札した近江牛にと、バタバタと

記事を読む

簡単なことこそ難しい、サッカーと肉とイニエスタ

ボールをまたいだりフェイントで抜いていったりと、派手なプレーはしないが、次元が違う。同じサッ

記事を読む

作り手と食べ手の信頼がつくるおいしい料理

なにから書いていいのかわからないほど高山シェフの料理はすばらしかった。「驚き」と「感動」そし

記事を読む

石田めん羊牧場さんのマトンをビストロシンバ菊地シェフが料理すると違う世界が広がった

足寄の「石田めん羊牧場」さんへ初めて行ったのは3年前、いや4年前だったかな。石田さんの奥様が

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年2月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28