*

改めて思うジビーフの環境と自然のままに

公開日: : 2019/09/22 ジビーフ(完全放牧野生牛)

草むらの中に黒い物体。熊かも知れない。マリヨンヌ小久保シェフが恐る恐る近寄ると、、、昨日産んだばかりの子牛だった。奈緒子さんはずっと探していた。産んだのは分かっていたのだが、いったいどこで産んだのか。200haの林間で探すのは時として困難なこともある。ジビーフは人間の前では産まない。牛たちの習性や地形を知っている奈緒子さんでも探し出すのに時間がかかることがあるらしい。

ぴくりとも動かない子牛。死んでるのか?…一瞬そう思った。遠巻きにジビーフの群れ。この中に母親がいるはずだが我々がいるからなのか近寄ってこない。それとも危害を加えないと分かっているから近寄って来ないのか。

こればかりは仕方がないのよね、と言いながら奈緒子さんと雄三さんと雄喜くんの3人がかりで耳標を付ける。凄い声で子牛が鳴いた。耳に穴をあけるので痛いに決まっている。この日はたまたま雄三さんと雄喜くんがいたからスムーズだったが、これを奈緒子さんが一人でやっているのかと思うと・・・

もう片方の耳にも耳標を付けた。子牛はさらにボリュームを上げて鳴く。すると群れとは違う方向から地響きをあげて母牛が走ってきた。すくっと立ち上がって子牛も走る。群れの中に消えていく親子の姿。

あぁ、これがジビーフ。雄喜くんだったかケンボだったか、彼らが幼い頃、「僕が牛だったらジビーフがいい」と言ったのを思いだした。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

完全放牧野生牛がやってきた

きたやま南山の楠本さんから、北海道の「野生の牛」をドライエイジングできないかと相談があった。

記事を読む

12才のお母さんジビーフはちょっと訳ありですが、草の香りがする優さしい味わいです

今回、12才になるお母さん牛がお肉になってくれたのですが、足の悪い繁殖牛だったため、モモが3

記事を読む

牧草育ちのトックリ(骨付きモモ)2本は駒谷牧場のアンガス牛と吉田牧場のブラウンスイス牛

ジビーフ『ムサシ』25ヶ月齢(去勢)が北海道からトラックに揺られてやってきました。別室で少し

記事を読む

2回目となる京丹後魚政とのコラボ会

赤身が強くて肉に包丁を入れると血が混ざった水分が溢れ出る。肉はふにゃふにゃで締まりがない。お

記事を読む

真夏でも真冬でも完全放牧ジビーフ

「放牧系の牛を分けて欲しいのですが」という問い合わせが多い。メールもやらないし電話もでないので、

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
まぐろと牛肉イルジョットにて

6月5日、まぐろの仲買人、フジタ水産の藤田さんと新橋のしみずさ

サカエヤ× チェンチwith うえとコラボ会

7月1日に開催した「上田(うえと)×坂本(チェンチ)×新保(サ

凱旋帰国の仙女里村明衣子さんと小朝さん

沖縄北谷のアルドールで比嘉シェフと美紀子さんのパーティーに出席して翌日

→もっと見る

  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031