*

改めて思うジビーフの環境と自然のままに

公開日: : 2019/09/22 ジビーフ(完全放牧野生牛)

草むらの中に黒い物体。熊かも知れない。マリヨンヌ小久保シェフが恐る恐る近寄ると、、、昨日産んだばかりの子牛だった。奈緒子さんはずっと探していた。産んだのは分かっていたのだが、いったいどこで産んだのか。200haの林間で探すのは時として困難なこともある。ジビーフは人間の前では産まない。牛たちの習性や地形を知っている奈緒子さんでも探し出すのに時間がかかることがあるらしい。

ぴくりとも動かない子牛。死んでるのか?…一瞬そう思った。遠巻きにジビーフの群れ。この中に母親がいるはずだが我々がいるからなのか近寄ってこない。それとも危害を加えないと分かっているから近寄って来ないのか。

こればかりは仕方がないのよね、と言いながら奈緒子さんと雄三さんと雄喜くんの3人がかりで耳標を付ける。凄い声で子牛が鳴いた。耳に穴をあけるので痛いに決まっている。この日はたまたま雄三さんと雄喜くんがいたからスムーズだったが、これを奈緒子さんが一人でやっているのかと思うと・・・

もう片方の耳にも耳標を付けた。子牛はさらにボリュームを上げて鳴く。すると群れとは違う方向から地響きをあげて母牛が走ってきた。すくっと立ち上がって子牛も走る。群れの中に消えていく親子の姿。

あぁ、これがジビーフ。雄喜くんだったかケンボだったか、彼らが幼い頃、「僕が牛だったらジビーフがいい」と言ったのを思いだした。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

良いことしか言わない人は信用できない

今日は取材でした。まずは名刺交換。 「はじめまして新保です」 「はじめまして◯◯です。新

記事を読む

明日23日AM9:30~テレビ朝日「食彩の王国」

残念ながら関西は放送されないようです。北海道も・・・だそうです。 関東のみなさま、テレ

記事を読む

ジビーフの里でみた西川奈緒子さんの雄姿と環境維持の重要さ

先日、焼肉のコースを食べさせる店へ行った。正確には連れて行かれたのだが、赤身、赤身と続いてバリバリに

記事を読む

ジビーフの有機JAS認証を寿ぐ会~セジール×南山

南山さんにて開催された「ジビーフの有機JAS認証を寿ぐ会」は全国から約50名の方々が参加して

記事を読む

「肉を焼く」って何?(奥深き肉焼き)

僕が2歳のときに出版された「牛肉の本」(←タイトル)にこんなことが書かれています。「肉の価値

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
有機畜産JAS認定牛 ジビーフ

日本国内で有機畜産JAS基準を満たし認定されている牧場は3牧場

食肉販売業の許可簡単にとれるけどちょっと心配

問題なかったら販売してもいいかなと思ってたのですが、ちょっと難

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもし

→もっと見る

  • 2020年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31