*

と畜解体と枝肉の捌き

公開日: : 2019/05/04 コラム

ドンっ!牛の眉間にキャプティブボルト(屠畜銃)が打ちこまれる。失神した牛は巨体を揺らしながら横たわる。駆け寄る職人たちが手際よく命を抜き取る。

○月○日、東京目黒のラッセ、村山シェフと渡邊シェフがその様子を凝視する。皮を剥ぎ内臓を掻き出された牛は枝肉となる。生き物から食べものになる瞬間に立ち会うとゾクっとする。何回と見てきたがいまだに慣れない。慣れてはいけないのかも知れない。

僕が20代の頃、旧屠場に内臓を引き取りにいくのが日課だった。いつも早めに行って牛が屠られる(命をなくす)シーンを見ていた。

この頃の屠場はいまはない。近代化された新しい屠場は食肉センターとなり食肉輸出が可能な施設となった。すべてが便利になり合理化された。昔も今もやってることは同じだが便利の代償に、命が見えにくくなったように思える。

この頃から一貫して枝肉を使い続けている。僕はもともと左利きなのだが腱鞘炎がひどく右利きにスイッチした。その右手首も腱鞘炎でハードな捌きは手首に激痛が走ることがある。スポーツ選手なら引退だな。枝肉から骨を抜くことを捌きと呼んでいるのだが、イベントで肉の解体ショーとか言ってブロック肉を小割りしているシーンをたまたま見かける。どこが解体なのか?、、屠畜場で生と死を見てきた僕からすれば茶番にしか見えない。

いまサカエヤでは捌きは了平(22歳)とジン(21歳)に任せている。仕事量の多いときや指導するときは僕も捌くが、とにかく邪魔臭いことばかりやっている。2年目のジン(左)は一通りの捌きができる。ジンはけっして器用なほうではない。どちらかと言えば不器用で時間がかかるタイプだ。それでもサカエヤの環境にいれば上手い下手は別にして半年で一頭の枝肉を捌けるようになった。

僕は特殊な捌き方をやるのでそれも難なくこなす。例えば、トックリ(骨付きモモ/写真)はランイチのみ熟成させるために骨付きで残す。了平(右)はさらに難易度高く、写真の状態からウチヒラなど外さずにマルシン(シンシン)だけ取り出すことができる。牛肉を生業にしている方ならどれだけ高等技術なのかわかるだろう。

僕は若手の育成とか教育にはまったく興味がない。興味があるのは目の前の牛がどうすればおいしくなってくれるか、それだけ。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スライス肉こそじつは難しく経験だけではどうにもならないこともある

すき焼きやしゃぶしゃぶ用の肉はスライサーで切るんですが、機械が切るから誰が切っても同じかと言

記事を読む

肉に対する価値について

入荷したばかりのジビーフ「コナン(26ヶ月令♂)」ですが、ほとんどの部位が完売しています。リ

記事を読む

久しぶりに八田さんの枝肉を購入し、懐かしい写真もでてきたり、肉屋の仕事について少しだけ振りかえってみました

写真の断捨離をしていたら2010年2月に八田さんの牛舎を訪ねたときの写真を発見。先日のセリで

記事を読む

ナチュラルな流れのなかで感じたこと

メツゲライクスダ@楠田さんに作ったいただいた【テリーヌ ド ジビーフ オン ジュレ/ジビーフ

記事を読む

脂の溶ける温度、融点が低いからサシ肉がたくさん食べられるということでもないと思うのです

先日のセリで購入した近江牛。いつもはA3狙いで枝肉を選定するのだが、サシの多い和牛で育った私

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
うを徳×サカエヤ×ワイナリー和泉屋コラボ会

明治の日本を代表する文豪、泉鏡花の『婦系図』のモデルとなった神楽坂の老

坂本(チェンチ)×新保(サカエヤ)×吉田(吉田牧場)×上田(うえと)コラボ会

うえとsalon&barで開催されたチェンチ坂本シェフと吉田さ

7月27日発売、ただいま予約受付中

流通がなければ作るしかない。しかし、この業界は新しいものは受け入れ

→もっと見る

  • 2019年7月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031