*

岡山の料理人たちとブラウンスイス牛

公開日: : 2019/04/25 吉田牧場のブラウンスイス牛

鞍下(肩ロース)はすき焼き&しゃぶしゃぶ、ネックは切り落としかミンチにしかできない、向いていないと教わってきた。おそらく僕と同年代の同業の方はウンウンと頷くだろう。閉鎖的な精肉店と違って焼肉店は早くから鞍下の商品化に長けていた。そのころ海の向こうでは鞍下をステーキにしていた。僕は信じられなかった。文化の違い、品種の違だからと妙に納得していたが、いまならわかる。坂道を登り、牧草を食む。大地を踏みしめながら緩やかな空気に呼吸を合わせ暮らす放牧牛は丁寧に熟成させると見違えるような変貌を遂げる。それは見た目だけではなく歯に食い込む食感と味わい。目を閉じると備前高原で暮らすブラウンスイス牛たちが浮かぶ。

一昨日は、吉田牧場さんに地元岡山の料理人たちが集まり勉強会が開かれた。本来なら僕が行きたかったのだが前々から予定が入っていたため了平に行かせた。店は営業だったが休みにした。こういうときは休むのだ(笑)

この日のためにブラウンスイス牛の鞍下を30日間熟成させた。その味は・・・

その場にいなくても伝わる。まるで一緒に食べた気分だ。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

日本ガストロノミー協会にてすき焼きの会

昨夜は日本ガストロノミー協会にて「新保&マッキーのすき焼きの会」が開催された。全国か

記事を読む

吉田さんから僕へ、僕からシェフへつなぎます

岡山の吉田牧場さんで育ったブラウンスイス牛のサク。双子で生まれてゼンとサクと名付けられました

記事を読む

吉田牧場のブラウンスイス牛「ミモザ」の牛生

「ミモザ」という名前の牛がいた。仔牛をたくさん産み、いちばん長生きした牛だった。牛舎に牛を入

記事を読む

2回目となる京丹後魚政とのコラボ会

赤身が強くて肉に包丁を入れると血が混ざった水分が溢れ出る。肉はふにゃふにゃで締まりがない。お

記事を読む

岡山・吉田さんのブラウンスイス牛「スマート」間もなく入荷

岡山・吉田さんのブラウンスイス牛「スマート」間もなく入荷。 2011年11月11日生れ。大

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
父親間もなく引退

90歳近い父親。この8月で引退する。引退したくてするのではなく駅前

10月はcenciさんでコラボやります

料理人と料理人、食材と食材、いろんなコラボイベントがありますが

と畜解体と枝肉の捌き

ドンっ!牛の眉間にキャプティブボルト(屠畜銃)が打ちこまれる。

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 4月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031