*

Bistrot Or en Boucheでナチュールな肉会

公開日: : 2019/01/20 イベント

昨年末にオープンしたばかりの東京池尻にあるOr en Bouche(アールオンブーシュ)で僕が手当てした肉5種類とナチュールワインの会が開催されました。

いつだったかの雨の日。際コーポレーションの中島社長と食事して、品川のホテルまで送ってもらう途中、いつもはぐだぐだとたわいもない話をしているのですが、この日は珍しく仕事の話し。大箱ばかりではなく10席ぐらいのビストロやってくださいよ。まともな肉だすビストロを。新保さんさぁ、閉めてる店はいくつかあるけど人がいないよ、人が・・・ていう感じの話しでした。

その後、閉めてる店で小さいのがあるから見に行こうとなって、雨降る中、おじさん2人が深夜に窓越しに店内を覗き込む姿はかなり怪しかったに違いない。このとき僕は一人のシェフが頭に浮かんだ。IKU青山でシェフをやってた河村さんだ。パリで8年間シェフをやっていたのだが、当時のIKU青山の社長に気にいられて久しぶりに日本に帰ってきたのだがIKU青山は半年ほどで閉店してしまった。河村シェフに連絡したらお手伝いみたいなことをしているというので、お誘いしたという経由なのです。

さて、この日は僕が手当てした肉5種類を食べ比べるという会。肉のみで余計なものは一切なし。参加者全員が5種類の肉を完食すべく、肉選びからワインのマリアージュまでかなり悩んで決めたのでした。こういう場合に大事なのは、食べる順番です。そこを間違えると最後の肉まで辿り着けずという悲しい結末に・・

まず一皿目は愛農ナチュラルポーク

2皿目、和牛経産40日熟成サーロイン

3皿目、近江牛イチボ

4皿目、十勝若牛30日熟成

5皿目、近江牛ヒレ

おかげで参加者皆さん、見事に完食、早々に第2回が開催される模様です。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

放牧アンガスの熟成ロース、まずまずの仕上がりです

9月11日に開催される【IL GIOTTO高橋直史 × 駒谷牧場 放牧アンガス牛を食す会 in きた

記事を読む

「ぷれいごちゃんを食す会」は限定50名、12月18日開催です

クレメンティアの田淵オーナー・シェフお得意の牧草焼き。毎回サプライズな肉料理で楽しませてくれ

記事を読む

A2ヒレ肉のココット焼きは悶絶寸前の境地に

A5の肉は作れてもA2は難しいなぁ... 畜産の世界では、昔から雌で未経産の牛がおいし

記事を読む

ジビーフ『ババくん』のサーロイン、完璧じゃないかなと思うほど艶めかしい仕上がりになりました

ジビーフ『ババくん』のサーロイン、2週間目でほぼ仕上がった感じです。これ以上寝かせておくと水

記事を読む

イルジョット×ワイン9コラボディナー

イベントはいつも急に決まることが多く、いつだったか名古屋ワイン9の吉田さんと食事していた時に

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
東海大学産あか牛の内臓がめちゃくちゃきれい

熊本東海大学で生まれ育ったあか牛が2/13屠畜され肉になった。

屋台のフレンチシェフのための十勝若牛

すべて十勝若牛です。肉質、水分量から30日後の姿を想定して仕上

正々堂々としたタルタルを堪能する

きっかけはなんだったのか、、いくら考えても思い出せない。僕から

→もっと見る

  • 2019年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728