*

ジビーフ入荷 心で育て心で味わう

公開日: : 2018/10/18 ジビーフ(完全放牧野生牛)

9/13出荷のジビーフ(くろちゃん)と10/8出荷のてつおくん。ジビーフといえども個体差があります。くろちゃんは脂がしっかりしていたし、てつおくんはふにゃふにゃ(笑)

部位によって特性があるので手当ての仕方も変わってきます。正直、ジビーフに比べれば和牛はやりやすい。

僕は数を捌く問屋ではないので売ることより仕上げることを優先しています。名ばかりの株式会社で中身は個人商店なので僕のわがままも許されていますが、普通は1ヵ月も2か月も冷蔵庫に肉をため込んだら大変です。

ジビーフは日々の変化が激しくて、毎日とまではいかないまでも頻繁に見て触って食べての確認を怠ると食べ頃のタイミングを逃してしまいます。タイミングを見誤ったジビーフは僕のイメージとは違うので僕のお腹へ納品していますが、前回のくろちゃんは、いつものジビーフらしさがなかったので、いくつかの部位を長期熟成させてみました。

写真のサーロインもそうですが、ソトヒラがいい感じに仕上がりました。当初は香りを感じなかったのですが、25日経過したあたりから牧草の香りが表面化してきて、ジビーフらしくなってきたというか、香りで安心するみたいな(笑)

ジビーフを知らない人が食べればなんじゃこら的な肉ですが、知ってる人はきっと心で味わう最高のごちそうだと思うのです。まだまだ認知度低いジビーフですが、どんな肉って聞かれたら、心で育てて心で味わう肉…ジビーフを知っている方はわかりますよね。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2回目となる京丹後魚政とのコラボ会

赤身が強くて肉に包丁を入れると血が混ざった水分が溢れ出る。肉はふにゃふにゃで締まりがない。お

記事を読む

食材と料理人との相性

近江プレミアム牛のロース(サーロイン側)です。23ケ月齢で出荷しました。和牛でこの月齢出荷は

記事を読む

今日の完全放牧野生牛(ジビーフ)

毎朝、完全放牧野生牛(ジビーフ)の生産者、西川奈緒子さんからメールが来るのですが、なんかスゴ

記事を読む

老眼によるミス

とある勉強会用に仕上げた3種類の牛肉。フランス産バザス牛(30日の水分調整からのドライエージ

記事を読む

DUMASの肉会はすばらしかった!そして、ジビーフと愛農ナチュラルポークの入荷情報

愛農ナチュラルポークのウデ肉を使ったパテ・ド・カンパーニュ 中之島ダイビルのDUMAS

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
今年最初の有機JAS認定牛 ジビーフ「あつし」入荷

先日食事に伺った某店の大将、御年72歳。たった一人で仕入れから

Bistrot Or en Boucheでナチュールな肉会

昨年末にオープンしたばかりの東京池尻にあるOr en Bouche(ア

スライス肉こそじつは難しく経験だけではどうにもならないこともある

すき焼きやしゃぶしゃぶ用の肉はスライサーで切るんですが、機械が

→もっと見る

  • 2019年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031