*

今年3頭目のジビーフ「悟空」が入荷。もはや安定の格付けC-1に安堵する

公開日: : 2017/06/04 ジビーフ(完全放牧野生牛)

今年に入って3頭目のジビーフが入荷してきました。2か月に1頭のスローペースですが自然まかせの天然ものなので仕方がないですね。今回も格付けは安定のC-1です。それこそA-5は消費者の方々にもおなじみで、街中の飲食店でもよく見かけると思いますが、C-1を看板にしている店は見たことないですし、そもそもC-1の肉なんて滅多にないですからね。まぁ、自慢するようなことでもないのですが毎回C-1だと和牛農家ならすぐに廃業ですね。

ところで、畜産農家の方から愛情とか感謝といった言葉をよく聞きますが、西川奈緒子さん(ジビーフの生産者)からそのような言葉は聞いたことがありません。これは現地に行って分かったことなのですが、そんな余裕がないのです。

200haの放牧地に年間通して放し飼いにしているため、牛たちの自由気ままな世界ができあがっているのです。ここでは人間が牛の生活に合わせなければいけません。かといって牛になめられたらケガをしてしまいますから、まさしく死にもの狂いで戦わなければいけないのです。

だから愛情とか感謝はジビーフを使ってくれるシェフに対してこそ口に出しますが、ジビーフたちに対しては常に緊張感と距離感を保ちながら接しなければいけないのです。ゴツゴツと音を立て頭突きしながら遊ぶ姿を何度も見ていますが、対人間なら大怪我です。

扱っている僕が言うのもなんですが、食肉としてはけっして褒められたものではありません。サシがたくさん入った肉のほうが使いやすいのは当たり前で、水分が多くて脂がまったくない肉は手当てするにも手間はかかるし日々の観察を怠ればすぐに酸化して腐るので放牧で手がかからない分、肉になってから手がかかります。

西川奈緒子さんは、僕がジビーフを扱うのを辞めれば私も辞めると断言していますが、こんなおもしろい肉を扱わせてもらえるのですからありがたいことです。しかし、世の中儲からないことのほうが楽しいですね。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「肉を焼く」って何?(奥深き肉焼き)

僕が2歳のときに出版された「牛肉の本」(←タイトル)にこんなことが書かれています。「肉の価値

記事を読む

ジビーフ「あつし」のカイノミを食べる

1月11日にと畜した24ヶ月令去勢の『あつし』。生産者の奈緒子さんは月齢が若いので肉にするに

記事を読む

ジビーフまもなく入荷です

牛は囲った時点で自然から離れていく。なのに愛情とか感謝とかストレスフリーだと言うのはおかしい

記事を読む

保護中: ジビーフ『なおみ』そして、息子の伊藤さん、出荷の日

僕がなにを書いても陳腐な表現になりそうなので、西川奈緒子さんの投稿をそのまま公開することにします。捉

記事を読む

近江プレミアム牛にジビーフに愛農ナチュラルポークなどなど

ジビーフ『やい子』の枝肉を吊るして30日が経過しました。かなり水分が多いので乾燥させながら水

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31