*

今年2回目の訪問となるジビーフの里は晴天にも恵まれ汗ばむ陽気に時間を忘れてのんびりさせてもらったのでした

公開日: : 2017/06/03 ジビーフ(完全放牧野生牛)

土肌が見えているところはジビーフたちが歩いてつけた、いわばジビーフ道です。200haの放牧地のいたるところにジビーフ道があり、人間たちは迷うことなくジビーフがつけてくれた道を楽々進むだけ。この地は人間よりジビーフの知恵が勝っています。自然のままに逆らうことなく牛まかせな日常です。

さて、本日待ちに待ったジビーフ「悟空」の枝肉が入荷してきました。

24ヶ月で枝重は256kg皮下脂肪は0.6cm。僕の脂肪を分けることができればお互い喜ばしいことなのですが、いい意味でいつも通りの安定感と言いましょうか、これがジビーフですから誤魔化しようがないわけです。ここから手当てしておいしくなるように仕上げていくのですが、なかなか苦労させられます。

ジビーフと知り合わなかったら恐らく北海道へ行くことはなかったんじゃないかな。稚内は私用で何度か行ったことはありますが、様似は間違いなく行くことはなかったでしょうね。そう思うと縁って不思議ですね。今では年に3~4回は行ってますからね。

こんなことを書くと叱られそうですが、生産者の方と話しているとなんでもかんでも愛情と感謝で肥育を語る人がいますが、僕の中ではかなり胡散臭さを感じています。もちろん愛情かけて育てているのは分かりますし、牛で生計を立てているのですから感謝してあたりまえです。ですが、これみよがしに口にする愛情と感謝には違和感を感じるのです。

先日、ジビーフの里を訪れたとき、牛たちは頭突きをして遊んでいました。ゴツンゴツンと音を立てて遊んでいるのですが、安易に近づくとかなり危険です。相手は自然界に生きる動物ですからテリトリーに入った人間には警戒して当たり前で、油断していると威嚇してきます。ここでは人間が牛に合わさなければいけません。実際はと畜して食べるのですからそんなこと言ってられないのですが、限りなくナチュラルに飼うということはそういうことだと思うのです。そして人間がおまえたちより上だと思わせないとかなり危険でそれこそ生死に関わります。このような現場で愛情だの感謝だの言ってられないのが現実であり、見たままそのままだと実感しています。

新店舗への移転まであと3か月。ジビーフは既存の取引先で手一杯ですが、バラやスネが比較的余りますので、需要があれば販売したいと思っています。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2回目となる京丹後魚政とのコラボ会

赤身が強くて肉に包丁を入れると血が混ざった水分が溢れ出る。肉はふにゃふにゃで締まりがない。お

記事を読む

対照的な牛2頭はコザシの近江牛と赤身が詰まったジビーフ

9月14日にと畜した後藤牧場さんの近江牛(A-4)ですが、サシが細かく入っていて見るからにお

記事を読む

肉Meets × セトレマリーナびわ湖 in 生産者トークライブ

今日の滋賀は30度を超えた常夏状態で外仕事も汗が激しくとまらない。さすがに耐えられずに事務所

記事を読む

ジビーフがつないでくれたご縁は表面的ではない人間の本質的な部分が大きな意味を成しているのです

「生命を知り尽くして、料理して、伝えていくことですかね。また、明日も来ます」中東さんはそう言

記事を読む

ジビーフ種牛タッキー初めての子、堂々の入荷!いやはや参りました

ジビーフの初代種牛は亡くなり、いまは二代目種牛のタッキーががんばってくれているのだが、そのタ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31