*

応援買いは勘違い(買い)

公開日: : 2020/02/15 ジビーフ(完全放牧野生牛)

食材の背景を知ることは料理をする上でとっても大事なことだと思う。だから産地を訪ね、生産者の話を聞き、移動した距離の分だけ想いも強い。なので、ついついお客様への説明にも力が入る。

でもね、長い説明はいらないんと思うんです。聞きたいことがあればこちらから聞くし、食べておいしかったら自然とそういう会話になりますからね。

さて、僕が扱っている牛肉はストーリーがあるものばかり。

例えばジビーフ

この手紙を読んで応援したくなる人はたくさんいると思うんです。7年前にクラウドファンディングがあったなら資金も集まったでしょうね。もしですよ、クラウドファンデングで目標額に達したとしましょうか。その後も、共感買いや応援買いでしばらくは売れると思うのです。でも、初期のジビーフはおいしくなかったですからそうそう長くは続かないということは安易に想像できます。

でも、生産者は今後も売れるものだと勘違いして、増頭や設備投資をしてしまっている。こういうパターン山ほどみてきました。

つまり、共感買いや応援買いはおいしさが伴っていなければは続かないと言うことです。

ジビーフの場合は、7頭目あたりでようやくおいしくなってくれたので、なんとかいまも継続することができていますが、つまりこういうことです。

応援買いからエシカル消費へ。

 

ジビーフのフィレは、ラフィナージュの高良シェフに使ってもらっていますが、銀座でジビーフを食べる人いるのかなと半信半疑でした。銘柄牛なら分かりますが知名度の低いジビーフですよ。最初は応援買いかな思っていたので、高良シェフにお聞ききしたところ、お客様からジビーフ入ってますか?と問い合わせがあるとのこと。ほんとですか?って感じですが、どうやら本当のようです。

この日は、友人ご家族と一緒に。ワインはどんなのがでてくるのかなと楽しみにしていたのですが、TSUGANEでした。もちろんドンピシャです。いくつかのワインとマリアージュしてTSUGANEを選んでくれたみたいです。ついつい飲みすぎました。

お客様も引けたところで、ちょっとこんなのも作ってみましたと高良シェフ。ジビーフフィレカツレツ。辛子と市販のウスターソースで(笑)そりゃうまいですよ。

ストーリー語らずともおいしいジビーフ。気になる方はラフィナージュへ。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

牛肉に旬はあるのか?ジビーフのウチヒラを捌く

和食の料理人さんとお話ししていると「走り・旬・名残」という言葉がよくでてきます。自然の素材の

記事を読む

誠実な生産者が育てた肉を選びたい

某ライターさんから「新保さんは生産者になにを求めていますか?」と聞かれたのですが、「誠実」し

記事を読む

ジビーフタッキーのボロネーゼ

ジビーフ種牛タッキー。他のジビーフと違ってとにかくデカイ。雌牛だらけの中に唯一の雄牛。まさしく男

記事を読む

改めて思うジビーフの環境と自然のままに

草むらの中に黒い物体。熊かも知れない。マリヨンヌ小久保シェフが恐る恐る近寄ると、、、昨日産ん

記事を読む

2年越しでようやくIKU青山でジビーフが食べられる

中古車販売のガリバー、元副社長の村田さんが第二の人生を賭けて飛び込んだのが飲食業界だった。そ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年3月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31