*

食材と料理人との相性

IMG_9562

近江プレミアム牛のロース(サーロイン側)です。23ケ月齢で出荷しました。和牛でこの月齢出荷は理由を知らないと不思議に思うかも知れません。通常は30カ月前後で出荷するので、早期出荷はなにかしらの原因(病気など)だと思われるでしょうね。詳しくは書けないのですが、この牛は特殊なエサを与えているので、これ以上飼っても余計な脂がつくだけでタイミンング的には23~25ヶ月くらいがちょうどいいのです。

和牛の良さはなんと言っても「サシ」です。赤身ブームで霜降り肉がワルモノのような扱いをされるシーンも少なくないのですが、理由が不明瞭な場合がほとんどのように感じています。由緒正しい血統由来のサシは肉に酸があって味に伸びがあります。ただ、「サシ」は脂ですから、食べすぎればくどく感じて当たり前です。年齢的に受け付けないと嘆く方もいらっしゃいますが、上質のお肉を少しだけとか、食べ方を工夫すればおいしくいただけるのではないでしょうか。そのあたりを考慮して取り組んでいるのが近江プレミアム牛なのです。

IMG_9565

一方、赤身でもなく霜降りでもない、まったく違う規格外の牛がジビーフです。牛にして肉質はまさしくジビエです。料理法は塊肉を焼いてこそで、煮込みには向かないと思っています。たとえばすき焼きにしたとしましょう。草の香りが強すぎるのでわりしたとケンカするように思うのです。いや、わかりませんよ。僕はやったことがないですから。でも、ある料理人の方は、『ジビーフのピュアな味は僕が求めていたものです。また新しいチャレンジをさせてもらえるなんて本当にありがたい、感謝します』こうおっしゃるんですね。これからお野菜のおいしい季節になりますので煮込みます。とも。いったいどのような料理になるのか私には想像すらできません。

ならばと肩ロースのネックを用意させていただきました。肩ロースのネックなんてだれも使いたがりませんよ。和牛であれば切り落としなど用途はありますが、なんといってもジビーフですからね。この方は野草などを使った料理が得意な方なので、きっとジビーフの良さを引き出してくれるに違いありません。

そう思うと、料理人と食材との相性ってほんとうに大事だなと思うのです。最近は外に出て食材を探す料理人の方が増えてきました。自分の足で探しだした食材は業者任せのものよりも、きっと愛情たっぷりな料理に仕上がることでしょう。

ジビーフの香りは独特ですから、苦手な方も多くいます。しかし、こういう肉を探していたんだと感動してくれる方もいます。得手不得手というより、やっぱり相性ですね。

そう考えると、サシが苦手な方もたまたま食べた肉との相性が良くないだけで、もしかすると意外と食べられる霜降り肉もあるのかも知れないですね。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフ種牛タッキー×メツゲライクスダ

経産牛は価値がないから本来なら捨てられてた運命、とか言う人いますが、それはひと昔前の話。捨て

記事を読む

ジビーフ「五日市さん」最後の肩ロースは見事なまでに肉質が変わりました

9月30日にと畜したジビーフ「五日市さん」ですが、各部位いろんなシェフの方に使っていただき、本日

記事を読む

生産者×肉屋×料理人

豚の頭を解体するLe14eの茂野シェフ。いやぁー驚きました。パリでの修行時代に6年だったか7

記事を読む

枝肉吊るしでおいしく仕上がる方法

写真は近江プレミアム牛ですが、3月5日に冷蔵庫に吊るして16日目。せめて今月末までは吊るして

記事を読む

肉焼きの上達法はどれだけ場数を踏むかだと思うのです

写真は近江プレミアム牛ですが吊るしてちょうど30日目です。ウチヒラとシンタマはすでに10日目

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2023年1月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031