*

肉じゃがつくりました

公開日: : 2015/10/18 近江牛, わくわく定期便

IMG_9558

切り落としを食べればその店の肉がだいたい分かる。なんて言われていますが実際はどうなんでしょう?そもそも切り落としとは、高価な部位から安価な部位までの端材を混ぜて切り落としたものです。ですから100g198円とか298円とか安価で販売できて、なおかつお客様に喜ばれていたのです。しかしながら、これは10年も20年も前の話しです。現在は和牛の高値に伴い、切り落としといえども気軽に買える値段ではなくなりつつあります。すき焼き用にスライスした端材やバラなんかを合わせ切りするので、柔らかいところもあれば硬いところもあったりで、それが切り落としの良さでもあります。高価な切り落としはなんとなく魅力がないですね。

わくわく定期便は、毎月のメニューに必ず切り落としを入れるのですが、ここ最近は混ぜ合わせた部位ではなくブリスケを多用しています。理由は私が好きな部位だからというだけなのですが、やっぱりおいしい。昨日は久しぶりに肉じゃがを作ってみましたが、赤身と適度な脂身が混ざっていて白ご飯を2杯も食べてしまいました。糖質制限しているわけではないのですが、外食が多いため自宅ではできるだけ糖質は摂らないようにしています。なのに・・・(笑)

IMG_9556

外食で思いだしたのですが、先日伺った鮨屋さんでのことです。知人がやっている鮨屋さんなのですが、とにかく予約がとれない。カウンター13席(だったかな?)の小さな店なのですが、みなさん食べ終われば予約をとって帰る方ばかりで、そりゃ新規で予約をとるのは至難の業だなと思いました。

その日も満席で、私の隣には男性1名と女性2名のグループが座っていました。男性は肉好きなのか熟成肉の知識を語る語る・・・とにかく2人の女性に延々と熟成肉の話しです。お鮨を口に放り込み、次のお鮨がくるまで熟成肉の話し。もちろん私が肉屋だとは知る由もなく、唯一知っている大将が小さな声で「すいません」と私に目を細める始末。大将が謝る必要性はどこにもないのですが・・・

こういう光景はなにも珍しいことではく、外食すればよくあることです。突っ込みたくなることもありますが、そこは聞いていないふりをするに限ります。あきらかに間違った情報をひけらかしている人もいますが、でしゃばるのもどうかと思いますしね。赤身が好きだ、いや霜降りだの口論で殴り合いにでもなれば話は別ですが(笑)

畜産関係者だって各々持論みたいなものはありますし、いつだったか食品関係者数名で飲んでいて遺伝子組み換えかオーガニックか、みたいな話が激論となり私はそういうなのが苦手なのでトイレに行ったふりしてそのまま帰ったこともありました。

どちらにしても、牛肉にまつわる話は内容がどうであれ私の耳がピクピクするのです。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

近江プレミアム牛、ますますおいしく、そして際立ってきました

月1頭出荷の近江プレミアム牛ですが、飼料の高騰などの煽りを受けて来月より仕入れ価格がぐーんと

記事を読む

対照的な牛2頭はコザシの近江牛と赤身が詰まったジビーフ

9月14日にと畜した後藤牧場さんの近江牛(A-4)ですが、サシが細かく入っていて見るからにお

記事を読む

【入荷情報】木下さんの近江牛と愛農ナチュラルポーク

豚肉は身近でポピュラーな食材ですから食べる機会も多いと思います。しかしながら、牛肉にこだわっ

記事を読む

わくわく定期便の内容について

わくわく定期便(→)は、3パターンの料金設定で毎月内容が変わります。例えば4980円のコース

記事を読む

霜降り肉の魅力は「甘さ・柔らかさ・とろける食感」

至福の時を演出する 霜降り肉(→クリック) 霜降りとは、筋肉内に脂肪が細かく入り、筋繊

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2022年1月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031