*

ジビーフの里は出産ラッシュ!

公開日: : 2014/06/04 ジビーフ(完全放牧野生牛)

10411929_1495543660674953_7256115789571721013_n

今年は3/31を皮切りに、4月に3頭の仔牛が生まれ、いずれも女の子。うれしー、とばかりは言ってられないのですが、頭数を増やさなければいけない駒谷牧場にとっては、メスは繁殖牛になってもらえるので好都合、、、しかし喜んでばかりはいられないのです。メスばかりでは、肉用として出荷する牛がいないのですから経営的には厳しくなるというわけです。

そして再び5/31、6/2とまたもや女の子が続き、6/3にやっと待望の男の子が誕生~!まるで戦国時代や江戸時代の世継ぎのようです。

お母さん牛が、放牧場の草や野草の新芽をバクバク食べて、お腹の中で育った仔牛は、本当に元気が良く、朝生まれても夕方には親と一緒に走り回っているのです。そんな様子を西川奈緒子さんから聞くたびに早く様似へ行ってジビーフに会いたくなります。

昨日の報告では、朝に仔牛を産んだのを確認しただけで、生まれた仔牛に耳標(トレサビリティー)を着けるのを後回しにしてバラセン(有刺鉄線)直しを先にしてから、夕方行ってみると、仔牛は走り回って逃げまわりつかませてくれないらしいです。想像するだけで楽しそうですが、実際は大変なんでしょうね。その後、山中走って追いかけ、なんとか仔牛を捕え、仔牛を守ろうと向かってくるお母さん牛を威嚇しながら、どうにか耳標を付けたそうです。なんかすごいですね。サバイバル感満載です。

10421617_1495545220674797_2972468644876185261_n

そしてさきほど西川奈緒子さんから「また産まれたよ!」と連絡がありました。生まれたてですと冒頭の写真が送られてきたのです。お母さん牛の陰部からは後産が垂れ下がり、仔牛にはへその緒が付いています。仔牛の足取りはまだおぼつかず、ヨタヨタしながらお母さん牛に付いて歩きます。今日も西川奈緒子さんは耳標を付けに1日追われそうですね。

ジビーフは、焼肉用と切り落としのみご購入可能です(

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

熟成肉同様、赤身肉にも定義がないのです

さて、なんの肉でしょうか?..... 牛肉には違いないのですが、おそらくですよ、料理人

記事を読む

今年も開催ジビーフツアー

9月18日にセジールにて、サルメリア69の新町さんとコラボ会が開催されます。先日、東京出張の

記事を読む

函館コルツにて、ジビーフと農楽蔵ワインと。

ジビーフが引き寄せるご縁はなんとも素敵で、今年の6月にピヨッシュの林さんがジビーフツアーに参

記事を読む

今日の完全放牧野生牛(ジビーフ)

毎朝、完全放牧野生牛(ジビーフ)の生産者、西川奈緒子さんからメールが来るのですが、なんかスゴ

記事を読む

ジビーフがつないでくれたご縁は表面的ではない人間の本質的な部分が大きな意味を成しているのです

「生命を知り尽くして、料理して、伝えていくことですかね。また、明日も来ます」中東さんはそう言

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30