*

北海道産の仔牛入荷と北海道ELEZO社の10周年記念祝賀会

公開日: : 2015/10/24 ホワイトヴィール

IMG_9724

無題

北海道オークリーフ牧場からホワイトヴィール(乳飲み仔牛)が届きました。今回はレストラン向けの販売となりますので、ご興味のある方はご連絡お待ちしています(

IMG_9725

仔牛なので全体的に小さいのですが、ウチヒラで3.5kgでした。ロースは骨付きがオススメですがご要望に応じて脱骨も可能です。

さて、今日は「つながり」という話を少し書きたいと思います。私は同業者(肉屋)との付き合いはほとんどなく、協会にも登録はしているのですが会合や勉強会などにも参加したことがありません。理由はいろいろあるのですが、要は人づきあいが悪いだけです。そんな私でもかなり少ないのですがお付き合いしていただいている食肉関係やレストランのシェフの方々がいます。ちなみに肉屋でお付き合いしているのは2~3人かな(少ないでしょう、しかも全国です)

一昨日は、親交のある北海道ELEZO社の10周年記念祝賀会に出席してきました。代表の佐々木さんは34歳という若さですが、私なんかよりしっかりした理念を持ってこの10年で地盤を作ってきました。社員全員が料理人であり、ハンターであり、職人なのです。佐々木さんとは目指しているところは違いますが、食べることに対する考え方が良く似ています。学ぶことも多くあり、これからの10年がさらに楽しみです。
祝賀会の料理はエレゾ社の食材を使って3名のシェフが共演。すばらしい料理に出席者全員うっとりしたのでした。

12036798_941168572615496_5098390684098697332_n

10478145_941168579282162_7267167056887087202_n

銀座レカン高良シェフのエゾシカのフォアグラパイ包み

11222282_941168602615493_3120765707805447155_n (1)

イルンガ堀江シェフの短角牛のゴルゴンゾーラにんにくのリゾット

12038053_941168642615489_925045061347261688_n

12074871_941168615948825_5305374916876695237_n

レスプリ・ミタニ ア ゲタリ三谷シェフのエレゾ180日放牧豚のロースト

生産から流通、そして料理人へのリレーはスムーズでなければいけないし、どこか1つでも意志が伴っていなければ絶対的なものは作れないと思うのです。とにかく我々の仕事は、命のリレーなんだからバトンを落とさないことよりも、どう繋ぐかが重要であって、そのための努力は地道で険しく、だけど楽しい。青臭く感じるかも知れませんが、懇親会での佐々木さんとの会話で改めてそんなことを感じた次第です。

エレゾ社の10年後のビジョンはハッキリとした現実味のあるものでした。サカエヤは来年で28周年を迎えます。これといって何も計画はしていませんが、30周年に向けて大きなプロジェクトが動き始めています。まぁ、たいしたことではないのですがそのうち時期をみて発表させていただければと思います。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オークリーフ牧場のホワイトヴィール入荷

前々から仔牛の肉に興味があったのですが、フランス産やオーストラリア産などの外国産には興味がなく手

記事を読む

仔牛のヴァイスヴルスト、間もなく販売します

北海道芽室町のオークリーフ牧場を初めて訪れたのは3年、いや4年前?..ちょっと忘れましたが、

記事を読む

オークリーフ牧場を訪ねて

帯広空港からまず最初に向かった先は、芽室のオークリーフ牧場です。ホルスタインと交雑種合わせて

記事を読む

Le14e茂野眞シェフが作るホワイトヴィールのローストハムと肩肉ロースト

そろそろ仕込が終わってお客さんに提供できる状態かな... とシゲさん(Le14e)に電話をす

記事を読む

ホワイトヴィールの内臓、販売スタートです

ホワイトヴィールが入荷してきました(→) 当初はレストラン向けにと考えていたのですが、

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年12月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031