*

オークリーフ牧場から乳飲み仔牛が入荷しました

公開日: : 2016/04/23 ホワイトヴィール

IMG_0794

ヨーロッパでは日常的に食されている仔牛肉ですが、日本では仔牛の文化がなく、需要もほとんどありません。レストランでたまに見かけることはありますがほとんどがニュージーランドやフランス、米国産です。

もちろん外国産が良くないと言っているわけではありませんが、日本で生産しているものがあるならそちらを選択したいと思うわけです。ただ、先にも書いたように仔牛文化が根付いていないため、生産者も少なく、あえて探してまで扱うほどではないかなというのが正直なところです。

ところがです。上質な仔牛が手に入るならそれはそれで紹介もしたいですし、なによりも自分でも食べてみたいと思うのが仕事柄といいますか肉欲の深いところです。最初に食べたのが2年前の8月でした。いまでも鮮明に覚えていますが、成牛が食べられなくなるのかと思うくらい驚きました。あまりにもあっさりして食べやすいのでいくらでも入るわけです。

ただ、味が単調なので食べ続けると飽きてきます。そういうときは成牛を食べればいいわけですが、とにかく、国内で流通している数少ない仔牛のなかでは断トツにおいしいと自信を持ってオススメできるホワイトヴィールです。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ホワイトヴィール一頭まるごと食べ尽くす会 in イルジョット

なにが驚いたってこれですよこれ! オークリーフ牧場のホワイトヴィール(乳飲み仔牛)のレバー

記事を読む

近江プレミアム牛にジビーフに愛農ナチュラルポークなどなど

ジビーフ『やい子』の枝肉を吊るして30日が経過しました。かなり水分が多いので乾燥させながら水

記事を読む

Le14e茂野眞シェフが作るホワイトヴィールのローストハムと肩肉ロースト

そろそろ仕込が終わってお客さんに提供できる状態かな... とシゲさん(Le14e)に電話をす

記事を読む

ホワイトヴィールのオーソブッコとジビエ

ホワイトヴィール(乳のみ仔牛)のオーソブッコ(骨付きすね肉)を販売するにあたって、よくよく考

記事を読む

オークリーフ牧場を訪ねて

帯広空港からまず最初に向かった先は、芽室のオークリーフ牧場です。ホルスタインと交雑種合わせて

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年5月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031