*

「つながり」から目隠しで枝肉を買う

公開日: : 2015/10/25 近江牛, 格付け

IMG_9728

健康な牛とはなにか?… たまにこういうことを聞かれることがあります。病気をせずに育ち、無事に出荷ができて枝肉になったときに瑕疵がない牛。生産者の端くれ的な回答をすればこんな感じでしょうか。牛が食べているものが肉の味となり、しいては私たちの健康にもつながります。あたりまえのことですが、じゃーどうすればいいのかって話です。一家に一頭ってわけにはいきませんからね。肉屋は生産者を信じ、消費者は肉屋を信じ、つまり信じられる店や人とつながることが安全や安心やおいしさに近しいことだと思うのです。

近江牛のセリは週2回、13時から始まります。セリ前に購買者が枝肉がズラズラ~っと吊り下げられた準備室で下見をします。いわゆる目利きです。お目当ての枝肉をチェックして競り合うわけですが、私の場合は、知り合いの生産者の枝肉しか買わないので、下見も15分程度で終わってしまいます。先週もそんな感じでした。

一頭目を落札して、二頭目も・・・ところが、二頭目の枝肉がとんでもなく高値だったので買えなかったのです。しかしこの日はどうしても二頭買わなければいけなくて、でも、この二頭しか下見をしていなかったんですね。こうなると枝肉を見ないで買うことになります。となると、生産者の「人」で買うしかありません。親しくしている生産者であれば枝肉を見なくても、だいたいの想像がつきますし、生産環境も知っているので安心です。

で、どうなったのかと言いますと、格付けA3でBMS4という枝肉を落札したのです。もちろん親しくしている生産者の枝肉です。格付け評価から赤身を想像していたのですが、本日ロースをカットしたらとんでもなくサシが入っていて驚きました。格付けって本当にアテになりません。しかし、内容(赤身とか霜降りとか)はどうでもよくて、結局は信じられる生産者とつながっているからこそこういった冒険もできるのだと思うのです。

外食においても同じだと思うのです。店選びは味や価格など選ぶ基準が違うとは思いますが、信用できる店や人と「つながる」ことが大事だと思います。口が似たような人とつながれば早々失敗はしないのではないでしょうか。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おいしくするための枝枯らし

最近「枝枯らし」という言葉をよく耳にします。枝肉を仕入れて捌き(脱骨)をしている食肉関係者に

記事を読む

料理人も肉屋も必要なのは経験や知識もそうだけど一番は「センス」だと思う

料理名はなんて言うんだろう?... たぶん、シェフに聞いても「なんだったかな、そういえば名前

記事を読む

お歳暮、新年の食卓に華やかな近江牛懐石

最近ハマっている筑波ハムのアイスバイン。よくこういう商品が作れるなと感心しきりである。

記事を読む

no image

2011年10月12日のつぶやき

omigyucom / 近江牛.com|新保 吉伸2011年10月11日のつぶやき | http:/

記事を読む

近江プレミアム牛、ますますおいしく、そして際立ってきました

月1頭出荷の近江プレミアム牛ですが、飼料の高騰などの煽りを受けて来月より仕入れ価格がぐーんと

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2023年1月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031