*

まさしくハレの日のご馳走になりつつある牛肉事情

公開日: : 2016/03/14 近江牛

IMG_9547

滋賀では週2回(月・木)に市場でセリが開催されるのですが、今日のセリは異常なほど高値でした。繁殖農家さんの廃業や飼料の高騰などで牛不足=高値の図式が昨年から続いていますが、さすがにここまでくると尋常ではありません。A4が軒並み3000円を超えてくるし、経産が2221円でしたからね。数年前なら500円ですよ。4倍ですね。共進会や共励会ならご祝儀相場もあり高くてもある程度は納得できるのですが、今日なんて通常のセリですからね。いやはやこの先どうなることやら・・・

同業者のみなさんも嘆きしかありません。最近は「高いなぁ」が挨拶代わりです。高く買い付けたからといって、お客様にじゃー値上げします。というわけにはいかず利益を圧迫しながらどこまで耐えられるかといったところが私たち業界の現状です。肥育農家さんは高い仔牛を導入し、高いエサを与えてこれから約20ヶ月ほどかけて仕上げていくわけですが、そのときにもし相場がおもいっきり下がっていたらと考えるだけでゾッとします。そんなことを考える農家さんも多いと思いますが、仔牛を導入しないわけにもいかず、空っぽの牛舎を眺めていても売り上げにならないのが現実で、だれも得しない危機的な状況なのです。

こういった事態に敏感な消費者は気づきはじめていますが、一般的には情報が回りきっていないので「最近、肉高くねー」てな感じなのです。そうやって少しずつ牛肉から離れていくのが一番怖いのですが、朝の情報番組も覚せい剤で逮捕だのだれだれが殺されただの、出勤前にしんどくなる話題ばかり。たとえ1分でもいいから高騰し続ける牛肉の裏側みたいなことをしっかり伝えてくれれば、消費者の意識もかなり変わると思うのですがいかがでしょうか。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

選べる近江牛ギフト券 高級感たっぷりにリニューアル

いまから10年前にある人からこんなことを言われたことがある。 あんたんとこの肉はそらう

記事を読む

強火で一気に火を入れる揚げ焼きは外がカリッとして中はふわふわ

枝肉から骨を外して精肉にするタイミングを聞かれることがあるのですが、私の場合は「水分量」を重

記事を読む

近江牛だからおいしいとは限らない

私が幼い頃から慣れ親しんできた近江牛。だからこそあえて言わせてもらうと、近江牛だからおいしい

記事を読む

牛のストーリーとともに価値ある牛肉を

この肉に価値を見いだせる人ってどれくらいいるのだろうか。 215ヶ月齢の経産牛、しかも

記事を読む

Tendronタンドロン

肉屋でアウトといえばハラミのことですが、正式名はアウトサイドスカート(隔膜)といいます。アウトが

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年4月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930