*

ミンチは端材を利用するのではなく、骨から切り出したチマキ(スネ)を使っています

公開日: : 2016/09/24 近江牛, 牛肉の部位

img_1814

スネはミンチ材として骨付きで吊るして軽く水分を抜いています。水分が多いと変色が早く、特に冷蔵発送の場合は要注意です。

さて、当店ではミンチをご購入される方が非常に多くいらっしゃいまして、特にミンチだけをお買い求めになる方がたくさんいらっしゃるのです。お肉はどうされているのか気になるところですが・・

ミンチに関して言えば、銘柄牛も格付けも味にはほとんど関係なく、いかに良い手当てをしてやるかだと思うのです。いくら良い肉であっても真空パックにして長期間放置したものをミンチにしたところで、すでに本来の味ではなくなっているのです。

牛肉の流通は真空パックにしたブロック肉が主流です。バキュームパックした肉は旨味を失い、店舗によっては真空パックの肉を細かく分割して、さらに真空をかけて保存します。利便性を考えるとこれが一番良い方法なのかも知れませんがリスクも伴います。

肉屋の命綱は陳列(ショーケース)です。いかに陳列で勝負できるかが技術でありセンスだと思うのです。毎朝の段取りでショーケース内に商品を揃えていくのですが、枝肉から切り取った肉と真空パックから取り出した肉であれば、鮮度はもちろんのこと香りが違います。

意外とミンチにこだわるお客様が多くおられますので、私なりに考えて試行錯誤した結果、特に発送の場合は、骨から切り出した肉をミンチにするのがベストかなと思っています。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

昔の肉を追い求めて

テレビ局の方から「新保さんが考えるおいしい肉とはどのような肉ですか」と質問されました。肉質や色、

記事を読む

I・K・U青山でスペシャルな肉とワイン会

グランピングが静かなブームのようですが、そもそもグランピングとはなんぞやですが、グラマラス(glam

記事を読む

プレミア近江牛が順調な仕上がりで楽しみ2倍

facebookの近江牛.comファンページにうれしいコメントをいただいた。 ご紹介いただ

記事を読む

白トリュフ×近江牛

なんとも贅沢な・・・ トリュフ尽くしな会にお呼ばれしてきました。シェフからは骨付きのス

記事を読む

no image

2011年10月13日のつぶやき

omigyucom / 近江牛.com|新保 吉伸2011年10月12日のつぶやき | http:/

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
no image
noteご覧ください

サイトメンテナンス中につきnoteで更新しています。 https

肉屋で働くのではなくサカエヤで働くということ

肉の仕事がやりたくて肉屋で働いている人っているのだろうか。料理

テレビをつけながらデスクワークをしていたら、車いすバスケの藤井郁美

→もっと見る

  • 2020年11月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930