*

ピカピカの内臓入荷

公開日: : 2018/10/20 ホルモン

たまに仕事を教えて欲しいと言う方が来ますが、僕なんて年食ってるだけで、えらそうに指導とか無理なんですね。だいたいが苦手なんです。飲食店でも一人でやられているところやご夫婦でバタバタされているところは、おそらく人を使うことが苦手なんでしょうね。これはもうどうしようもなく得手不得手の問題以前に性格の問題だったりして(笑)

僕の場合は、話すより仕事を見てもらうだけ。内臓もは洗いを見てもらい、保存の仕方から各部位の処理、見極め方、内臓から分かる牛のあれこれ等… 牛肉同様に内臓も保存が重要です。

僕の話しを聞いて生でレバーとかセンマイ食べたいと言う人はよっぽどだと思う。特にセンマイなんて僕はぜったい生では食べたくない。屠畜後の内臓見れば特にね。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

牛タンとタイム風味のビネグレット

内臓肉、いわゆる〝ホルモン〟だが、焼く、煮る、炊く、といった料理法が一般的だ。 数年前

記事を読む

新鮮な生レバーが入荷しても生では食せず

当店のユッケや生レバー(レバ刺し)は、20年以上もの間、 たくさんのお客さんにご好評いただ

記事を読む

喉が悪いとウルテが効くってホント?

牛の内臓、いわゆるホルモンだが、これほどややこしいものはない。 流通ルートが複雑で、特にブ

記事を読む

岡山吉備高原・吉田牧場のブラウンスイス牛の内臓を少しだけですが一般販売しています

岡山県中央の吉備高原で放牧酪農とチーズづくりを行う吉田全作さんと原野さん。吉田さんが運営する

記事を読む

イケ麺バトルでホルそばに大行列

琵琶湖をみんなで手を繋ぎ抱きしめようというイベント 「抱きしめてBIWAKO」に多くの人が参加し

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

吉田牧場×dorit×サカエヤの会

昨年に続き、2回目となったタイトルの料理会。はじまりは東京某所で開催さ

ジビーフ2頭入荷

4月19日に屠畜したジビーフ『つよし』28ヶ月齢去勢と『はーや

→もっと見る

  • 2021年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031