*

牛タンとタイム風味のビネグレット

公開日: : 2012/07/05 ホルモン

画像 027.jpg

内臓肉、いわゆる〝ホルモン〟だが、焼く、煮る、炊く、といった料理法が一般的だ。

数年前に、京都にあるフレンチの名店で近江牛タンとテールを持ち込んで
料理してもらったことがある。

私の中でタンといえば、塩胡椒して焼いてレモンを絞るぐらいしか想像がつかなくて、
テールも同様で、スープにするか輪切りにして焼くぐらいしか思いつかなかった。

ところが、料理されてでてきたのは私の発想にはないものばかりだった。

内臓料理のおもしろさは、部位によって食感が大きく異なることから
フレンチやイタリアンのシェフ達にかかると、とんでもない料理がでてくる。

それぞれの部位を生かしつつ、それをレストラン料理として昇華させるために
固定概念にとらわれずに、オリジナリティ溢れる発想力で私たちを驚かせてくれる。

写真は、「牛タンとタイム風味のビネグレット」だ。

爽やかな白ワインと合わせると、なんともいえない心地よい食感が夏を迎える
この時期にはピッタリだ。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ホルモンは品質と鮮度でおいしさが決まる

お客様の評価は「客数」という数値に表れる。 イベントにしろセールにしろ客数が増えればお客様

記事を読む

シェフとの連携でおいしさを生み出す

この写真だけで分かったら相当な肉フェチだと思うのです。実物見ても恐らく分かる人は少ないんじゃ

記事を読む

牛ハートにブルーチーズソースを合わせて

コプチャン、テッチャン、タン、レバー・・・ これすべて内臓で、一般的にはホルモンと呼ば

記事を読む

ピカピカの内臓入荷

たまに仕事を教えて欲しいと言う方が来ますが、僕なんて年食ってるだけで、えらそうに指導とか無理

記事を読む

近江牛の新鮮レバーをステーキ風に

食品にゼロリスクなしにも関わらず 安全性を証明できない限り生食用牛レバーの販売禁止が決定し

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変

肉は技術ではなく心で切る

技術は教えられても肝心なのは心だと思うのです。イズムとか流儀と

no image
チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料

→もっと見る

  • 2021年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31