*

第3回 イルジョット×サカエヤ×鎮守の杜のコラボイベント

公開日: : 2018/09/28 イベント

イルジョットのスペシャリテ、愛農ナチュラルポークのロースハム。中にはクリームチーズ、白いのは北海度産のホースラディッシュ。これがすばらしくうまいのです。

さて、第3回目となった鎮守の森×イルジョット。僕は肉を選んで送るだけですが高橋シェフと竹口さん(鎮守の森)は毎回大変です。しんどい思いをした分だけ参加者の喜びと感動が直接肌で感じることができるからやめられないのですが(たぶん)、今回はちょっと異常なくらい凄かった。

イベントの前後に旨味がぐわっと乗ってくるような肉を1週間前から選んでいたのですが、数日前に内臓が入荷してきたこともあり(これがすばらしかった)、なので急遽決まっていたメニューを差し替えるという暴挙に!いつも高橋シェフの顔を思い浮かべながらの手当てなので、僕は楽しくて仕方がないのですが高橋シェフはお気の毒にというか・・いや、高橋シェフもきっと楽しいはずです。はい。

今回は昼夜2回という初の試みで、僕は夜の部のみ参加したのですが、高橋シェフが完璧な火入れで料理として仕上げ、その料理を2日前に試食した竹口さんが、お肉の味わいや調理法、お酒の甘みや仕込み水のphや酸なども鑑みつつ、一皿ごとに選んだお酒を、10品にわたっていただくという、なんとも贅沢なコラボ会となりました。

お酒は当日の気温と湿度で最終的に決定し、念のため、お燗もできるように準備してきたという竹口さんのこだわりようです。

さて、ここからはご参加いただいた料理家のいこまゆきこさんの解説になります。

愛農ポークのハムやハラミカツ、小腸のパスタ、赤牛の肉団子、熟成サーロイン、ニラと合わせたジビーフなどなど、どれもこれも美味しくお酒との取り合わせも素敵だったのですが、今回一番衝撃を受けたのは、レバーと柿のサラダ。

こんなふんわりときれいな味わいのレバー、食べたことない!
レバーがまだ口にあるうちに、火が入ってとろんとした柿を滑り込ませる。これだけでも、うう、と唸る組み合わせなのに、ここにこくっと篠峯(日本酒の銘柄)を含むと…もう夢見心地でした。

左が近江牛のハツ、右がタンです。

近江牛ハラミのカツです。肉とパン粉の密着度がすごいです。これはコツがあるんですが内緒です(笑)

ドルチェの栗のクリームブリュレと合わせた夢窓は熟成酒で、お酒だけ飲むと熟成酒独特の重さと苦味も感じたのですが、栗のクリームブリュレと一緒にいただくと、あら不思議、苦味は消えて、まるで蒸留酒を飲んでるみたい!

たくさん食べて日本酒もたっぷりいただき、おなかはいっぱいなのですが、胃腸は重くない。
健やかな食材、シェフの調理の技術ですね。

ご一緒した皆様とのお話も楽しく、あっという間の4時間でした。

最高の食体験、ありがとうございました!

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉Meets × 茂野眞 in Le14eル・キャトーズィエム

告知数時間で速攻満席、まぁね、5坪11席なので仕方がないのですが、まさにプラチナチケットです

記事を読む

2月23日は「赤身肉と旬野菜とビオワインの魅力を味わう食事会」

雪の中でしっかり大地を踏みしめて完全放牧野生牛が育っています。表現的には生きているといったほ

記事を読む

6月18日、LE14eで開催の肉Meetsはすごいことになりそうな予感

【サルティンボッカ:木下牧場のbistecca】ラムシン400gは適度に柔らかくて食べ終わったあと

記事を読む

土佐あかうし熟成肉の揚げ焼きのおいしさには驚いた

  「肉Meets in 高知スルラクセ」は満席にならないと思っていた。

記事を読む

エシカルな牛肉とは?!~牛肉の理想と現実、これからの牛肉について~11月14日ギューテロワールにて公開講座のご案内

この写真は、2014年3月12日に北海道様似新富の駒谷牧場、西川さんところに伺ったときのものです

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
保護中: 『非公開版』Part9 日本産和牛とWAGYU追記

コピー、転用、他言無用でお願いします。 2018年9月に和牛

保護中: 『非公開版』Part8 ブラウンスイス牛の追記。パスワードは本のブラウンスイスのページ◯◯◯

岡山吉備高原でのんびり暮らすブラウンスイス牛たち 牛を放牧し

保護中: 『非公開版』Part7  ル・セヴェロに行ったときもやはりそうでした(25P)

牛肉のカッティングは、国によって違う。もちろん人によっても違うのだが、

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031