*

様似は気温15度、ジビーフ眺めながらゆっくり時間が過ぎて行く

公開日: : 2018/08/14 コラム

今に始まったことじゃないんですけど「新保さんは牛も飼ってるんですか?」ってよく聞かれます。「牧場はやらないんですか?」これもよく聞かれます。僕の仕事は牛を飼うことではなく肉屋(精肉店/ butcher)です。その肉屋も僕が修業していた昭和の時代から比べると随分変わってしまいました。枝肉を仕入れて骨を外し精肉にするまでのことを一気通貫でやっている肉屋はほんの一握り。ここに魅力を感じてくれる若者もほんの一握り。裏方の見えないところだししんどい仕事だしね。できればやりたくない。業者から運ばれてきた真空パックの塊を使うほうが楽だし効率的。

僕もほんの数ミリ妥協すればもっと楽できるんだろうけど、一番しんどい部分をやらないのは、なんか違うような気がするんです。ヨーロッパでは職業資格が存在します。それだけ肉屋の社会的地位が日本よりは高いんでしょうね。知識と技術はもちろんのこと料理も含めた実践。さらに栄養学もこれからの肉屋は必須なんだろうなぁー、、、だってね「〇〇作りたいんですがどんな肉がいいですか?」って店頭での質問に対して、しっかり対応できる人ってあまりいない気がするんです。一昔と違って料理名も複雑ですしね。

サカエヤが移転して来月で1年になります。果たして滋賀の田舎まで都会の方が来てくれるだけの価値を見出せているのか?スーパーやショッピングモールのテナントなら集客も望めますが路面店はすべて自力ですからね。ちなみに1周年はなにもやりません。ぶつけたわけではないのですが、その日はサルメリア69の新町さんとイベントです。

しかし、外食で肉を食べることはあまりないのですが、和食もお寿司も高くなりましたね。予約もなかなかとれないし、1年後の予約を一生懸命とる人もいますが疲れないんでしょうか。なんかね、僕はそこに喜びや楽しさを見いだせないんです。先日も有名店ではないのですが僕が行くからと張りきっちゃって高級食材ばかりでかなり疲れました。普通の食材でいいのに・・・

肉食べてワイン飲んで今夜も楽しけりゃいいや。
僕が思う食事ってこんな感じです。

様似へ行くと時間がゆっくり流れているのでついそんなことを考えます。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

A5の発生率か多くなる11月にふと思うこと雑談

来月になると年末年始に向けて枝肉の共進会や共励会が開催されます。簡単に言うと枝肉のコンテスト

記事を読む

技術を教えるよりも礼儀作法と掃除が数年後に大きく成長する基礎となる

たまにですがこんな僕にも取材があったりします。あるライターさんは僕の言葉は文章にしにくいので

記事を読む

脂の溶ける温度、融点が低いからサシ肉がたくさん食べられるということでもないと思うのです

先日のセリで購入した近江牛。いつもはA3狙いで枝肉を選定するのだが、サシの多い和牛で育った私

記事を読む

牛舎で見るところは天井

ある雑誌の取材で「牧場へ行ってどのようなところを見ますか?」という質問がありましたが、正直な

記事を読む

と畜解体と枝肉の捌き

ドンっ!牛の眉間にキャプティブボルト(屠畜銃)が打ちこまれる。失神した牛は巨体を揺らしながら

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
食肉販売業の許可簡単にとれるけどちょっと心配

問題なかったら販売してもいいかなと思ってたのですが、ちょっと難

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもし

肉を焼くのは経験かセンスか

毎日のように肉を焼いてます。僕の場合は完全に試食と自己満足レッスンです

→もっと見る

  • 2020年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31