*

琉球大学×八重山農林高校のプロジェクト、石垣で育ったあか牛その後

公開日: : 2018/06/19 あか牛

石垣で育ったあか牛ですが、僕がおいしくしてやれるのは、このあたりが限界かな。流通が整備されいないのと食肉文化の違いなど課題山積。やっぱり石垣から滋賀まで枝肉で運んでこれないと僕の技術(というほどのものでもないのですが)が活かされない。現地で骨を抜かれた時点で肉は酸化するので、そこからポテンシャルをあげるのはかなり難しい。しかも脱骨が僕のやり方とは違うのでその後の手当てがやりにくい。それでも牧草で育ったあか牛の良さを十分引き出せたかなと感じています。

あと1頭、来月早々に入荷がありますがどうにか枝肉で運べないかなと思うのですが、コンテナ代が30万かかると聞いているのでちょっと難しいかな。

※手前が石垣のあか牛(本日発送のわくわく定期便、焼肉をあか牛のステーキに変更しています)奥は近江牛のサーロインですが、これでA3です。朝から試食しましたが300gストレスなく食べれました。A3でこのサシは格付けがおかしい気もしますが、しょせん人間がやってることですからあくまでも「ものさし」として、それよりも嫌な脂臭がないのであか牛とは真逆ですが、こちらもオススメです。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

eco-beef project in サカエヤ

熊本の東海大学農学部が今年から立ち上げた「草原あか牛eco-beef ASO」。先日はキャン

記事を読む

石垣からあか牛がやってきた

期待が大きすぎたのか、あまりにも味に透明感がありすぎてテンションだだ下がった。肉も硬くて駒沢

記事を読む

熊本・東海大学のお母さんあか牛が入荷。すばらしい肉質に興奮せずにいられない

熊本・東海大学農学部の阿蘇草原あか牛の流通を担っている橋村さんからあか牛を肉として仕上げてほ

記事を読む

石垣で育ったあか牛、すばらしい仕上がりです。ぜひ北谷のARDORへ

たまに牛を飼わないかという話をいただく。倒産する牧場を買ってほしいとか、後継者がいない牧場を

記事を読む

阿蘇のあか牛・草原牛プロジェクト

阿蘇の草原で一年中、草だけを食べて育つあか牛のプロジェクトです。今年の出荷は一頭のみ。次回の

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
東海大学産あか牛の内臓がめちゃくちゃきれい

熊本東海大学で生まれ育ったあか牛が2/13屠畜され肉になった。

屋台のフレンチシェフのための十勝若牛

すべて十勝若牛です。肉質、水分量から30日後の姿を想定して仕上

正々堂々としたタルタルを堪能する

きっかけはなんだったのか、、いくら考えても思い出せない。僕から

→もっと見る

  • 2019年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728