*

熊本東海大学のあか牛と石垣島で育った琉球大学のあか牛が入荷

公開日: : 2018/06/10 肉牛の品種

東海大学(熊本阿蘇)で育ったあか牛と琉球大学(沖縄石垣)で育ったあか牛がほぼ同時に入荷してきた。東海大学のあか牛は枝肉で入荷してきたのでこれからじっくり仕上げていきます。琉球大学のあか牛は骨抜きで入荷してきたので酸化のスピードを考えると急がなければならない。

当初は枝肉で入荷手配していたのだが、石垣から枝肉で滋賀までは運べなくて、船に乗せるだけで30万の費用がかかるので断念したのです。現地で部位別に分けても肉を入れる箱もないような状況で、とにかく大変。今回は牛の出荷から屠畜、そして解体までの時間的余裕がなかったので思うようにいかなかったが、まぁこれも勉強だと思って次回に活かします。

さっそく試食してみたが、穀物を食べさせていないため肉は淡白で硬く、少しだけ寝かせてから販売していきます。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

和牛経産の骨付きロース2種、ドライエイジングと吊るしの評価はいかに

リブとサーロインをノコギリで切断するので断面が汚れていますが赤身が詰まった良いお肉です。これ

記事を読む

フランスからリムーザン牛入荷

フランスからリムーザン牛が入荷してきました。前回入荷のバザス牛は、現地での屠殺から冷蔵庫での

記事を読む

おもて牧場の十勝若牛

十勝若牛は北海道十勝清水町の6戸の農家だけで生産されています。友人の獣医師、松本大策さんが飼

記事を読む

あか牛を訪ねて熊本へ

先月末、2日間の定休日を利用して熊本へ行ってきました。目的は東海大学と橋村さんの「阿蘇のあか

記事を読む

異なる2つのシンタマは同じ牧草育ちだが中身がまったく違うので手当ての仕方も変えなければいけないのです

よい肉を食べるには、料理人、肉屋、生産者の三者全部のレベルが高くないといけないわけで(マッキ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
肉の仕事は奥深くておもしろい。それがわかるまで最低3年はかかるのです。

※撮影:yoshida solo 枝肉を仕入れて、サバキ

様似は気温15度、ジビーフ眺めながらゆっくり時間が過ぎて行く

今に始まったことじゃないんですけど「新保さんは牛も飼ってるんで

ジビーフツアー、何回目かは忘れましたが今年も実りある旅でした

ジビーフを訪ねて様似へ。シェフのみなさんと、そして共感(という

→もっと見る

  • 2018年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031