*

岡山・吉田牧場からブラウンスイスの内臓入荷

公開日: : 2017/03/24 肉牛の品種, 牧場・生産者

吉田牧場さんのブラウンスイス2頭がお肉になって

岡山の吉田牧場さんからブラウンスイス2頭(一産取の経産と未経産)の内臓が届きました。来週あたりに枝肉が届きますが、正直ドキドキものでした。と言うのも、吉田さんは食用牛を飼っているのではなく、あくまでもチーズを作るためにブラウンスイスを飼っているのです。なので肥育は今回が初めてでした。

肥育と言っても、外でたらふく乾草を食べさせていただけとのこと。だからなのか、第1胃(ミノ)がすごく分厚くて驚きました。

そして、いかにストレスなく健康に育てられたかレバーが証明してくれてます。他の部位もすばらしくて、万が一状態が良くなかったら自分で食べるつもりでいたのですが、いやぁーよかった!この内臓はぜったい食べたいし食べて欲しいですね。京都のきたやま南山さんと大阪の遊山さんで食べられます。これこそ幻の内臓です。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おいしさの方程式って「商品+環境」だと思うのです

農家さん(生産者)との会話で、度々出てくる「うまい牛」というワード。「食べておいしい肉」にな

記事を読む

宮崎の岡崎さんがパイン粕を食べさせて育てている経産牛がとんでもなくおいしくなりました。

2年前だったか、知人の紹介で宮崎の岡崎芳次さん(宮崎県の岡崎牧場)にお会いしたのですが、イベ

記事を読む

フランスからリムーザン牛入荷

フランスからリムーザン牛が入荷してきました。前回入荷のバザス牛は、現地での屠殺から冷蔵庫での

記事を読む

no image

一瞬で判断して購入を決めた橋場牧場の近江牛

今日は近江牛のセリでした。 落札したのは、木下牧場さんと橋場牧場さんの2頭です。 木下さ

記事を読む

宮崎のおやっさんが送ってくれた156ヶ月齢の経産牛を吊るしとドライエイジドで。

出産を経験したお母さん牛を“経産牛”と言うのですが、未経産の牛に比べると、サシや旨み、柔らか

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年3月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31