*

フランスからバザス牛とリムーザン牛入荷

公開日: : 2018/04/08 未分類

フランスから届いたばかりのバザス牛(上)とリムーザン牛(下)。骨付きで入荷してくるのですが、困ったことに毎回状態が違います。真空パックで輸入すれば何の問題もないのですが、骨付きの場合は諸々問題が起ります。品質と距離、季節と税関、今回の場合だと、週末で入荷が1日延びたのと、現地の方の仕事が雑なので骨の上部に肉が付いていて、そこが酸化していたのです。まずは酸化した部分を取り除き磨きをかけてから2分割にして異なる2つの冷蔵庫で様子を見ていきます。

真空パックされた肉は僕の技術では手当てのしようがなく、手間はかかりますが骨付き肉はおもしろいのです。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

比較は悲劇のはじまり

正月気分というまったり感は年々薄れていくように感じています。元旦はお節に日本酒でそれなりに満喫しまし

記事を読む

ミートカレッジ「ギューテロワール」に集った素敵な人たち

あまり表に出ることがない藤井牧場さんご夫婦(左から奥さん、ご主人。右は日本海牧場の山崎さん)20

記事を読む

259ヶ月齢と252ヶ月齢の経産牛がお肉になりました

6月9日に出荷した2頭のお母さん牛「きこ2:平成8年生まれ」と「のぞみ:平成5年生まれ」は、

記事を読む

牛肉のプロを養成するミートカレッジ「ギューテロワール」が間もなく完成します

きたやま南山さんの地下(100坪)に牛肉のプロを育てる研修施設がいよいよ完成します。詳しくは

記事を読む

お肉を食べて元気に!ダイエットにも効果あり

牧草の香りがして、大自然の中で短角牛が草を食べている姿が・・・[/caption]

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
生食について思うこといろいろ

定期的にアップしているのですが、外食先でタルタルを見かけること

eco-beef project in サカエヤ

熊本の東海大学農学部が今年から立ち上げた「草原あか牛eco-b

愛農ナチュラルポークの骨抜き研修中

毎週木曜日はセジールのランチが休みなので、今年の4月から入社し

→もっと見る

  • 2018年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031