*

ジビーフ「ろくちゃん」間もなく入荷

公開日: : 2018/04/06 ジビーフ(完全放牧野生牛)

10日着予定の有機ジビーフ『ろくちゃん』(30ヶ月令メス)ですが、生産者の西川さんから以下の情報が届きました。

先日出荷した有機ジビーフ『ろくちゃん』(30ヶ月令メス)の枝肉を見に行ってきました 。
この子はとても臆病で中々大きくならず30ヶ月飼いましたが、結局枝肉重量272kg、皮下脂肪もこの時期にしては薄い0.7㎝しかありませんでした。しかも出荷の際にモクシを付けるためにいったん檻に入れるのですが、首を挟めるところを通常は少し開けておいてそこに牛が自分で首を入れて固定させます。ろくちゃんは臆病過ぎて通常の開き具合では檻に入ってくれなかったので、広めに開けたら、小柄なろくちゃんは頭を通り越し腰骨のところまで抜けてしまったのです。その時に腰骨の左側がぶつかってしまいました。と畜した当日は内出血したところから血が流れていました。枝肉から問題部分を削ることはできなかったのですが、表面だけの打ち身だとは思うのですが少し使えない部分があるかもしれません。と畜当日の状態の写真がこちらです。


実際には、届いた枝肉を見てみないと何とも言えないのですが、セリで購買するときには事前に「瑕疵」として表記させれているので、枝肉と照らし合わせて目利きしていきます。この程度ならおそらく大丈夫とか、瑕疵が過小部位なので問題ないとか、あとは落札金額との兼ね合いで買うか買わないかを決めていくのです。

ジビーフは有機JASに認定されているため屠畜から解体までも北海道のマルハニチロさんにお願いしています。西川さんからは生体出荷時点での報告、次いでマルハニチロさんから枝加工段階の報告があり、ヒレに血合い及びロースサーロイン側背中血合いあり、表面除去できる部分は除去しておりますが、ヒレ頭部分サイドにも入っております。それから、カイノミも血合いあり除去整形しております。

とのことでした。10日に届くジビーフを見てから手当てを考えますが、こういった情報も蓋をせずに公開していくことがよりこの肉に対しての理解を深めていただけるのかなと思っています。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

目利きは肉そのものよりも生産者の人柄優先

ブラインドで味覚テストでもすれば、マグロと間違うんじゃないかと思うぐらい滑らかな赤身肉です。

記事を読む

幸せな生き方をした牛はいい肉になる

ようやくジビーフの出荷が決まりました。GW前後のと畜が可能との連絡をいただきましたが、5月1

記事を読む

お客様のおいしかったが最終評価

    だれが育てたのか? だれから買うのか? ここ数年

記事を読む

ジビーフ『ババくん』のサーロイン、完璧じゃないかなと思うほど艶めかしい仕上がりになりました

ジビーフ『ババくん』のサーロイン、2週間目でほぼ仕上がった感じです。これ以上寝かせておくと水

記事を読む

今年最後のジビーフが入荷してきました

発売中の料理王国に木下牧場さんと駒谷牧場さんが掲載されています。まずは木下牧場さんですが、今

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31